ニコラス・ケイジ、7度目来日で親日家ぶりアピール : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年7月21日 > ニコラス・ケイジ、7度目来日で親日家ぶりアピール
メニュー

ニコラス・ケイジ、7度目来日で親日家ぶりアピール

2010年7月21日 16:26

かなりの日本通です「魔法使いの弟子」

かなりの日本通です
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ニコラス・ケイジの主演最新作「魔法使いの弟子」のジャパンプレミアが7月21日、東京・台場のシネマメディアージュで行われ、主演のケイジとプロデューサーのジェリー・ブラッカイマーが出席した。

同作は、現代のニューヨークを舞台に、偉大な魔法使いの素質を受け継ぐ気弱な青年デイブ(ジェイ・バルチェル)が、800年以上続く善と悪の魔法使いの戦いに巻き込まれながらも、才能を開花させ成長していく姿を描く。ケイジは、デイブを見出し魔法を伝授する魔法使いバルサザールに演じた。

ケイジは、会場に集まったファン約350人の握手やサインに丁寧に応じ、壇上からも笑顔で手を振るなど終始ご機嫌。同作は、ケイジがディズニーの名作アニメ「ファンタジア」の一編「魔法使いの弟子」からインスパイアされて企画した作品で、「『ファンタジア』を子どものころに見て感銘を受けた。現代の家族にも見てほしいと思い、この映画を作った」と説明。青い三角帽と赤いガウンという「ファンタジア」の衣装を着たミッキーマウスも応援に駆けつけた。

ジョン・タートルトーブ監督やブラッカイマーとは、「ナショナル・トレジャー」シリーズでも組んでいる間柄だ。それだけに、「ジェリーやタートルトーブ監督とは何度も仕事をしてきた最高のチーム。だからこそ、この企画も開発できた。ジェリーは細心の注意を払い、娯楽であることを忘れず、信念をもって映画を作る人。彼の行くところにはどこにでもついていくよ」と話した。

今回が7度目の来日で、親日家としても知られるケイジ。2日間の短い滞在ながらも天ぷらや寿司を堪能し、神社に参拝したそうで「温かい歓迎にいつも感謝してる。ぜひ家族で見てください」と会場のファンに語りかけた。

魔法使いの弟子」は8月13日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi