鈴木亜美、ゾンビ100人にドン引き!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年7月17日 > 鈴木亜美、ゾンビ100人にドン引き!?
メニュー

鈴木亜美、ゾンビ100人にドン引き!?

2010年7月17日 19:50

腐っても死んでも(笑) 自分なりの好きなことを続けたい「ゾンビランド」

腐っても死んでも(笑)
自分なりの好きなことを続けたい
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 歌手で女優の鈴木亜美が7月17日、東京・スペースFS汐留で行われた「ゾンビランド」公開記念イベント「トーキョー・ゾンビ・コレクション」で、特別審査員を務めた。

新型ウィルスの感染拡大により、人類の大半がゾンビ化した世界を舞台に、引きこもりの青年が自作の“生き残るための32のルール”を実践し、サバイバルを繰り広げる姿をコメディタッチで描く。

会場には、自前のゾンビメイクを施した約100人の一般ファンが結集。ゾンビ映画の大ファンだという鈴木も、この異様な光景には「すごいですね……」と言葉を失い、苦笑いを浮かべた。ステージ上には、落武者ゾンビ、遊女ゾンビといった日本の夏をテーマにしたゾンビ4体が登場し、“ゾンビ度”をアピールしながら、審査員の鈴木に詰め寄る場面もあった。

映画については、「怖いのが苦手な人でも、安心して見られると思います。生き残るためのルールだけでも笑えるし、楽しい作品」と絶賛。ドラマや映画などで、ケガの特殊メイクをされるだけでテンションが上がるといい「もしゾンビ映画に出られるなら、ゾンビをぐちゃぐちゃにやっつけたい」。また、死んでもよみがえるゾンビに感化されたのか「今の仕事は好きだからこそ続けられる。腐っても死んでも(笑)、音楽がある限り、自分なりの好きなことを続けたい」と意欲を新たにしていた。

この日は、鈴木とともにいとうせいこう、ゾンビゲーム「デッドライジング2」のプロデューサーである稲船敬二も審査員を務めた。

ゾンビランド」は7月24日から公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi