大物司会者オプラ・ウィンフリーの半生を映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年7月15日 > 大物司会者オプラ・ウィンフリーの半生を映画化
メニュー

大物司会者オプラ・ウィンフリーの半生を映画化

2010年7月15日 11:31

米TV界のアイコンが映画に!

米TV界のアイコンが映画に!
Photo:Newscom/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米大物司会者オプラ・ウィンフリーの半生を描いた伝記本「Oprah: A Biography」が、映画化されることになった。

米HollywoodNewsによれば、同書は4月13日に米クラウン出版社から発売されたもの。ジャクリーン・ケネディエリザベス・テイラーフランク・シナトラなど数々のベストセラー伝記を手がけてきたキティ・ケリーが執筆した。映画は、「アーミッシュ・グレイス」で知られるラリー・A・トンプソンがメガホンをとる。

今年、米フォーブス誌が発表したランキング「世界で最も影響力のあるセレブリティ100人」のトップに輝き、推定年収3億1500万ドル(約280億円)と言われるウィンフリーは、ミシシッピ州の貧しい家庭に生まれた。9歳の頃に強かん被害に遭い、14歳で妊娠、息子を幼くして亡くすなど、さまざまな苦労を味わってきたことで知られる。

トンプソンは、ウィンフリー役を演じる女優のキャスティングが最も重要と語り、有名・無名を問わずオーディションする予定だと明かしている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi