人気小説「ランウェイ☆ビート」映画化決定 瀬戸康史&桜庭ななみ初共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年7月15日 > 人気小説「ランウェイ☆ビート」映画化決定 瀬戸康史&桜庭ななみ初共演
メニュー

人気小説「ランウェイ☆ビート」映画化決定 瀬戸康史&桜庭ななみ初共演

2010年7月15日 06:09

2011年、熱い思いをお届けします!「ランウェイ☆ビート」

2011年、熱い思いをお届けします!
「ランウェイ☆ビート」(仮)製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ファッションをテーマにしたmaha(原田マハ)の人気ケータイ小説を実写映画化する「ランウェイ☆ビート」(仮)の製作が、配給元の松竹から発表された。天才的なデザイン力をもつ主人公の溝呂木美糸(ビート)を「D-BOYS」の瀬戸康史が演じ、ヒロインのメイには桜庭ななみが扮する。

同作は、無料デコメールサイト「デコとも」で連載されたケータイ小説が原作。口コミで読者が増え続け、連載終了時には700万アクセスを記録したほか、書籍化や漫画化に加えて劇中に登場したデザインがアパレルメーカーからブランド化されて販売されるなど、高校生から社会人まで幅広い層からの絶大な支持を得ている。

瀬戸扮する転校生の美糸は、持ち前のファッションセンスでバラバラだったクラスをまとめあげ、文化祭恒例のファッションショーに情熱を傾けていくという役どころ。「仮面ライダーキバ」の紅渡役で知られているが、今回の主演について「うれしいですが、プレッシャーもあります」と心情を吐露。それでも、「いつも元気だけれど、ちょっと弱い一面も隠し持つビートの内面をしっかり演じたい。フレッシュで若い人たちが多いので、そのパワーも借りつつ、みんなでいい作品にしたいなと思う」と意欲満々だ。

福岡出身の瀬戸と鹿児島出身の桜庭は、同じ九州育ちということもあって初対面ながら息もぴったり。瀬戸は、「おとなしい子なのかなと思っていたんですが、僕と同じ九州出身ということで、すごく活発な女の子でした」とクランクイン当初を述懐。主人公・美糸に淡い恋心を抱きつつ、ショーを成功させるためにけな気に手伝うメイ役の桜庭も「瀬戸くんは九州男児。九州っていうだけで、すごく親近感が沸いてきてうれしかったです」と話した。

メガホンをとるのは、「NANA」の大谷健太郎監督。「ソラニン」の高橋泉が脚本を手がけ、「おくりびと」の間瀬泰宏がエグゼクティブプロデューサーを務める。大谷監督は、“空前絶後”をキーワードにするといい「日本映画でファッションをテーマにした作品は今までなかったので、新しいことに挑戦できる面白さを感じています。ただお洒落なだけじゃなくて、若者たちの青春ドラマとして泣けて感動できる話にしたいと思っています」と語気を強めた。

ほか、超人気モデルのミキティ役に桐谷美玲、メイの親友・アンナ役に映画初出演のIMALU、PCオタクから変ぼうを遂げるワンダ役に田中圭が共演。

ランウェイ☆ビート」は、2011年春に全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi