仲里依紗、初の海外映画祭へ プチョンでも「時をかけたい!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年7月12日 > 仲里依紗、初の海外映画祭へ プチョンでも「時をかけたい!」
メニュー

仲里依紗、初の海外映画祭へ プチョンでも「時をかけたい!」

2010年7月12日 06:01

海外での公開も決定!「時をかける少女」

海外での公開も決定!
(C)映画「時をかける少女」制作委員会2010
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 仲里依紗が主演した「時をかける少女」が、韓国で行われる第14回プチョン国際ファンタスティック映画祭(7月15~25日)のワールド・ファンタスティック部門に正式出品することが決まった。

谷口正晃監督がメガホンをとった同作は、3月13日に全国50スクリーンで公開。筒井康隆による同名短編小説の4度目の映画化で、仲が演じる女子高生の芳山あかりが2010年から1974年にタイプスリップし、母・和子(安田成美)の初恋の相手を探す青春ラブストーリー。

仲と谷口監督は、渡韓し16日と17日に舞台挨拶を敢行する。仲は、「海外の映画祭は初めてです。私の大好きな『時をかける少女』という作品でプチョン国際ファンタスティック映画祭に参加できるのがすごくうれしいです。プチョンでも時をかけたいです!」とコメントを寄せた。

同作は、6月に行われた上海映画祭でも上映され、チケットが完売するほどの人気ぶり。イギリスと香港での公開が決定している(公開時期は未定)。

また、DVDとブルーレイが10月13日に発売されることも決定。限定ボックスはDVD2枚組で、本編以外にスピンオフ作品「光の惑星」や舞台挨拶の映像が収録された特典ディスクが付属されるほか、特製フォトブックレットなどが盛り込まれる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi