「おくりびと」米リメイク決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年7月6日 > 「おくりびと」米リメイク決定
メニュー

「おくりびと」米リメイク決定

2010年7月6日 12:09

舞台はニューヨークに「おくりびと」

舞台はニューヨークに
(C)2008映画「おくりびと」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米モーション・ピクチャー・コーポレーション・オブ・アメリカ(MPCA)が、2008年のアカデミー賞外国語映画賞に輝いた滝田洋二郎監督、本木雅弘主演「おくりびと」の米リメイク権を獲得した。ニューヨークを舞台とし、今年中のクランクインを目指すという。出演者は未定。

MPCAは、ロサンゼルスを拠点とする映画製作・配給・セールス会社。同社は日本のセディック・インターナショナルから、同作の米リメイク権を購入した。「ライディング・ザ・ブレット」「ママの遺したラヴソング」などのプロデューサーでMPCAの創始者であるブラッド・クレボイは、「『おくりびと』は世界に通用する魅力を持っています。私たちはこの感動的な物語をアメリカの観客に届けることにワクワクしています」と語っている。

クレボイ、同じくMPCAのマイク・キャラハンルーベン・ライバー、オリジナル版を手がけたセディックの中沢敏明、フィロソフィアの藤村哲也が米リメイク版のプロデューサーに名を連ねる。

日本で75億円以上の興行収入を記録した同作は、失業したチェロ奏者が山形県の故郷に帰り、地元に伝わる芸術的な「納棺師」の職に就いて死者を送り出していく物語。設定をニューヨークに移し、どのようなストーリーになるのか楽しみなところだ。

MPCAはこれまでにも、塩田明彦監督、草なぎ剛竹内結子主演「黄泉がえり」の米リメイク権を獲得している。こちらは現在、「Rainbow Bridge」のタイトルで、ドリームワークスが企画開発中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi