つるの剛士「子どもは5人目標」と宣言 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年7月5日 > つるの剛士「子どもは5人目標」と宣言
メニュー

つるの剛士「子どもは5人目標」と宣言

2010年7月5日 17:42

子育てにも積極的!「うまれる」

子育てにも積極的!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] タレントのつるの剛士が、ドキュメンタリー映画「うまれる」のナレーションを担当することになり7月5日、都内のスタジオでアフレコ収録に臨んだ。

子どもたちの胎内記憶をモチーフに妊娠から出産までの様子や、出産と隣り合わせにある不妊や流産、死産といった命と向き合う人々の姿を追った。昨年1月に企画を立ち上げ、開設したウェブサイトから参加者を募集したところ、約200人から応募が殺到。うち4組に及ぶ家族の命のドラマを中心に、1年以上を要して撮影した。

今回、初のナレーション挑戦を快諾したつるのは「僕自身、子をもつ父親なのでついつい主観で、気持ちを入れすぎてしまう。感情の起伏が難しい」。命の尊さを問いかける内容に、「最近は命を粗末にしてしまう世の中。でも生まれるということは天文学的な確率だし、この映画を通して命の大切さを感じてほしい」とアピールした。

プライベートでは4人の子どもをもち、「3人目が生まれたあたりから、苦労はあまり変わらないですね。一緒に遊んだり、お風呂に入れたりしていますよ」と良きパパぶりをアピール。今年、約2カ月間の育児休暇をとり話題を集めたが、「嫁からは特にリアクションないですね。休暇が終わって『やっぱりパパがいてくれて助かった』と言われると思っていたのに……」とぼやき節。子どもは5人が目標だといい、「さすがに大変なので、ちょっと(期間を)置こうかな。コウノトリのご機嫌に任せたい」と話すにとどめた。つるのは、劇中で誕生した生後6カ月の赤ちゃん・伴まなかちゃんとフォトセッションに臨んだが、慣れない状況に大泣きするまなかちゃんに悪戦苦闘していた。

うまれる」は今秋、全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi