マイケルさん命日イベントにファン200人結集!「ありがとう」と絶叫 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年6月25日 > マイケルさん命日イベントにファン200人結集!「ありがとう」と絶叫
メニュー

マイケルさん命日イベントにファン200人結集!「ありがとう」と絶叫

2010年6月25日 20:38

マイケルへの熱い思いは永遠!「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」

マイケルへの熱い思いは永遠!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 故マイケル・ジャクソンさんの命日にあたる6月25日、現在アンコール上映中の映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」のファンイベント「J-WAVE SPECIAL VIEWING “マイケル・ジャクソンTHIS IS IT”」が東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、ダンサーのケント・モリ、ロックバンド「NONA REEVES」の西寺郷太、J-WAVEのDJ TAROが登壇した。

ケント・モリは、マイケルさんとマドンナがお墨付きをつけた実力を持つ日本人ダンサー。2009年にオーディションを経てマイケルさんの専属ダンサーに選ばれたが、当時はマドンナとの契約が残っていたために断念した経緯がある。あこがれのマイケルさんとの出会いを、「挨拶程度だったけれど、感無量で……。目の前に立っている人がマイケルだと信じられなかった。感情が追いついていかなかった」と述懐。一周忌を迎えても、いまだに「信じられない気持ちと、寂しい気持ちでいっぱい。彼が残したものがずっと生き続けてくれたらと思う」と熱く語った。

日本を代表するマイケルさんの研究家として、各メディアで執筆活動を展開する西寺も「マイケルの凄さを日に日に感じている。どんどんマイケルのファンが増えていることにびっくりしています」。ケントはこの日、同作のオーディション風景から全世界に配信されたマイケルさんへの追悼ダンスの裏側などを書きつづった自叙伝「Dream&Love」を発売。「この人と一緒に仕事がしたいという気持ち、その思いがマイケルに伝わったと思う」と感慨に浸った。

トーク後には、詰め掛けたファン200人がマイケルさんのトレードアイテムだった白い手袋をはめ、おなじみのポーズをとりながら「マイケル、ありがとう!」と絶叫。この映像は後日、マイケル・ジャクソン財団に届けられる予定だ。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT」は現在アンコール上映中。ブルーレイ&DVD発売中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi