「パイレーツ4」スタッフ、極秘脚本をカフェに置き忘れ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年6月24日 > 「パイレーツ4」スタッフ、極秘脚本をカフェに置き忘れ
メニュー

「パイレーツ4」スタッフ、極秘脚本をカフェに置き忘れ

2010年6月24日 05:17

ファンに感謝!「パイレーツ」

ファンに感謝!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジョニー・デップ主演の大ヒットシリーズ最新作「パイレーツ・オブ・カリビアン4(仮題)」の極秘ストーリーが、流出の危機にあっていたことが分かった。

米WENNによれば、同作のスタッフが今週、英ロンドンのカフェで朝食ミーティングを行った際、194ページに渡る脚本のコピーを置き忘れたそうだ。これを知ったウォルト・ディズニー・ピクチャーズの幹部は、パニックに陥ったという。しかし、幸運にも同シリーズのファンが脚本を見つけ、中身を読まずに英大衆紙サンの編集者に渡し、編集部からスタジオに返送された。

このファンは、「私は『パイレーツ』シリーズの大ファンですが、なんとか読みたい衝動を抑えました。映画が公開されたときに、その内容を楽しみたいと思います」と語っている。スタジオの広報は、「サン紙の読者は尊敬すべき市民です」と感謝のコメントを発表した。

「パイレーツ4」は現在、米ハワイで撮影中。2011年5月20日全米公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi