桃井かおり「山田組の名にかけて下品だなんて言わせない!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年6月22日 > 桃井かおり「山田組の名にかけて下品だなんて言わせない!」
メニュー

桃井かおり「山田組の名にかけて下品だなんて言わせない!」

2010年6月22日 22:45

撮影時の思い出話を披露「イエロー・ハンカチーフ」

撮影時の思い出話を披露
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 山田洋次監督が米作家ピート・ハミルの原作を映画化した「幸福の黄色いハンカチ」(77)を、ハリウッド映画としてリメイクした「イエロー・ハンカチーフ」(ウダヤン・プラサッド監督)の試写会が6月22日、都内のホールで行われ、山田監督とオリジナル版で主要キャストを務めた桃井かおりがトークショーに出席した。

同作は、刑期を終えて出所した男が、偶然出会った放浪中の若いカップルに後押しされ、妻のもとへと戻る旅を描いたロードムービー。オリジナルで高倉健が演じた主人公をオスカー俳優のウィリアム・ハート、桃井が演じた女性を「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワートが演じている。

山田監督は、リメイク版を「もっとはずしてもいいと思ったけど、オリジナルに真面目に忠実だった。もともとアメリカの原作なので、アメリカで作ればさらに魅力的な作品になるのではと期待していた」と評した。そして、「今となっては当時はとても幸福だったと思う。今の日本映画界は大変厳しい状況にある。これからの日本映画をどう豊かにしていくか、責任を持って考えていきたい」と真しに語った。リメイク版に特別出演している桃井は、「『SAYURI』の時とは大違いで、とても大事に扱ってもらった。オリジナルキャストでよかった(笑)。山田組の名にかけても、下品だなんて言わせないわよ!」と息巻いた。それでも、「私は本当に山田監督だけには弱くて、今日もすごく緊張している」と意外な一面ものぞかせた。

また、山田監督は撮影当時を振り返り「(高倉)健さんはいつもお腹を空かせていた。満腹だと、あの飢えたような目はできない」。さらに、「あのころ、桃井さんのように歌うようにさえずるように芝居できる女優はいなかった」と述懐。桃井は「あるセリフのイントネーションがうまくいかなくて、50テイク以上やった記憶がある。その日すごく調子の良かった武田鉄矢さんに『いい日もあるからさ』と言われ、腹が立ったの覚えている。ちょっと監督にほめられたからって図に乗ってさ」といつもの桃井節で笑わせた。

イエロー・ハンカチーフ」は松竹配給で、6月26日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi