審査委員の佐野史郎、「独断と偏見に満ち満ちた好きなものを選ぶ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年6月21日 > 審査委員の佐野史郎、「独断と偏見に満ち満ちた好きなものを選ぶ」
メニュー

審査委員の佐野史郎、「独断と偏見に満ち満ちた好きなものを選ぶ」

2010年6月21日 19:01

審査委員の個性を反映した作品選びに「ネムリバ」

審査委員の個性を反映した作品選びに
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今年で7回目を迎える埼玉県川口市主催の「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2010」の全プログラムが決定し、6月21日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で、審査員を務める俳優の佐野史郎、映画パーソナリティの襟川クロらが記者会見を行った。

同映画祭は、デジタルシネマのクリエイターを発掘・育成する目的で設立され、今年は過去最多となる世界85の国と地域から長編・短編あわせて810本もの作品がエントリーされた。

短編部門の審査員に選ばれた佐野は、「責任の重さを感じている。私が審査をするなんておこがましいが、ヒューマニズムや心温まるエンターテインメントといったジャンルに縛られず、独断と偏見に満ち満ちた好きなものを選ぼうと思っている。何よりも素晴らしい作品との出会いが楽しみ」と意気込みを語った。襟川は「(審査員に)選ばれてびっくりしている。年間600本もの新作映画を見ているので、その観察眼を活かしてさまざまな個性や想像力を発見したい」と話し、総合プロデューサーの八木信忠氏も「現像所のない国でも映画が作れるということを発信していきたい」とデジタルシネマの可能性に期待を寄せた。


画像2

[拡大画像]

また、若手映像クリエイターの支援を目的としたプログラム「D-MAP2009」によって製作された、埼玉県を舞台にした映画「ネムリバ」の完成会見が行われ、主演の小野まりえ園田新監督が登壇した。「USB」「キリトル」などミニシアター系の作品を中心に活躍する小野は「生まれ育った埼玉を舞台にした作品なので、プレッシャーがあったしすごく緊張した。地元の皆さんの支えに感謝している」と挨拶した。

「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2010」は、7月23日~8月1日まで埼玉県川口市のSKIPシティにて開催される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi