「トランスフォーマー3」は3Dに!新悪役はショックウェーブ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年6月15日 > 「トランスフォーマー3」は3Dに!新悪役はショックウェーブ
メニュー

「トランスフォーマー3」は3Dに!新悪役はショックウェーブ

2010年6月15日 11:30

今度はラジー賞回避?「トランスフォーマー リベンジ」

今度はラジー賞回避?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] マイケル・ベイ監督の人気シリーズ第3弾「トランスフォーマー3」が、3Dで公開されることが分かった。ベイ監督と同シリーズのプロデューサー、ロレンツォ・ディ・ボナベンチュラが米USAトゥデイ紙のインタビューに答えたもので、シャイア・ラブーフ演じる主人公サム・ウィトウィッキーやオートボットらと闘う悪役として、ショックウェーブが新登場するという。オートボットやディセプティコンが地球へ向かった後、サイバトロン星で独裁者として君臨したキャラクターだ。

前作「トランスフォーマー/リベンジ」は、世界興収8億3600万ドル(約768.5億円)という大ヒットを記録したが、映画の内容については批判的な評価を受けた。ベイ監督は、その理由を「2007年~08年の米脚本家組合ストライキが終わってすぐに製作したために、十分な準備ができなかった」と弁明。ボナベンチュラも、「第2作にはいろいろと詰め込みすぎた。検討する余裕もなく、どんどん入れてしまった」と語った。

しかし、ベイ監督によれば、「トランスフォーマー3」ではくだらないコメディは封印するそうで、「最終作にふさわしい力強い作品になる。トリロジーとして、本作で完結だ。リブートする可能性はあるが、この作品はインパクトのあるエンディングになっていると思う」と自信を見せている。ストーリーの詳細は明かされていないが、ロシアとアメリカの宇宙開発に焦点を当て、これまで隠されていたトランスフォーマーたちの任務が浮き彫りになるようだ。

現在撮影中の「トランスフォーマー3」は、ラブーフのほか、人気モデルのロージー・ハンティントン=ホワイトレイ、ジョン・マルコビッチフランシス・マクドーマンドパトリック・デンプシーが出演。2011年7月1日全米公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi