在朝被爆者、映画試写会で戦争責任問う : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年6月15日 > 在朝被爆者、映画試写会で戦争責任問う
メニュー

在朝被爆者、映画試写会で戦争責任問う

2010年6月15日 20:37

本当の歴史を知ってほしいと熱弁「ヒロシマ・ピョンヤン 棄てられた被爆者」

本当の歴史を知ってほしいと熱弁
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 朝鮮民主主義人民共和国で暮らす広島・長崎の被爆者を追ったドキュメンタリー「ヒロシマ・ピョンヤン 棄てられた被爆者」の試写会が6月15日、都内のホールで行われ、伊藤孝司監督、在日本朝鮮人被爆者連絡協議会の李実根会長がトークショーに出席した。

同作は、広島で被爆したある在日朝鮮人一家の日常を通して怒りや悲しみを描くドキュメンタリー。最悪な日朝関係のなか、3度にわたる平壌(ピョンヤン)ロケを敢行した伊藤監督は「アジア・太平洋戦争で日本から被害を受けたアジア諸国を数多く取材してきたが、北朝鮮だけが空白のままだった。毎年取材の申請をして、ようやく現地取材にこぎつけた」。そして、「被爆者問題は僕のジャーナリストとしての原点。戦争の記憶は風化していくが、日本はまだ戦争加害国の清算を終えていない。だから独特な力を持った有力な媒体、映画を通して何かを伝えられないかと考えた」と製作経緯を語った。

証言者として出演している在日朝鮮人被爆者の李さんは、「戦後65年、韓国にはおよそ40億円もの被爆者基金が支払われているにもかかわらず、在朝被爆者には薬1つ支給されていない。北朝鮮に先入観を持たず、両国の本当の歴史を知ってもらいたい。それが問題解決につながると思う」と訴えた。

ヒロシマ・ピョンヤン 棄てられた被爆者」は、7月3日からポレポレ東中野で公開される。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi