北野武監督、「アウトレイジ」初日に自信のアピール : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年6月12日 > 北野武監督、「アウトレイジ」初日に自信のアピール
メニュー

北野武監督、「アウトレイジ」初日に自信のアピール

2010年6月12日 13:43

シーン強奪に椎名も驚きの表情「アウトレイジ」

シーン強奪に椎名も驚きの表情
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 北野武監督の最新作「アウトレイジ」が6月12日、全国155スクリーンで公開。北野監督ほか椎名桔平加瀬亮三浦友和石橋蓮司ら主要キャストが勢ぞろいし、東京・新宿ミラノで舞台挨拶に立った。

北野監督の15作目となる同作は、金と権力をめぐってヤクザたちがし烈な下克上を繰り広げるバイオレンス映画。北野監督は、開口一番「監督の山田洋次です」とボケをかまし、「ここ最近、まったく客が入らない映画ばかり撮っていて、『頼むから、お客が入る映画を作ってください』って頼まれちゃって」と照れ笑いを浮かべた。

北野組初参加となる豪華キャスト陣について、「キャリアのある役者さんをそろえると、とにかく楽。それに編集で、撮影中は気づかなかった(演技の)良さを再確認できた。石橋さんなんて、あれだけ殴られて笑われる人はいないよ」。そして、「全員主役で、全員が脇。だから自分の出番が少なくなって。サウナで人を殺すシーンは椎名さんがやる予定だったが、『オレが殺しに行く! このシーン、オレにくれ』って」と“強奪”したことを明かした。これには椎名も、「知らなかった」と驚きの表情を浮かべていた。

その椎名は、「初めての北野組で緊張したが、非常にスピーディで撮り直しもしない現場。あっという間で楽しい楽しい」と振り返った。ヤクザ役に初挑戦の加瀬は、「いろいろと工夫していただき、何とか(ヤクザとして)成立させていただいた」と感謝し、三浦は「ズルイ役ですみません。でも、一番ズルイのは加瀬君」とニヤリ。また、石橋は「見ないやつがいたら『なんだ、バカヤロウ』ってぶん殴っちゃってください。歌舞伎町がバカヤロウの大合唱になることを期待します」と笑わせた。

北野監督は、「同じことばっかりと言われないよう、今までやったことがない暴力描写を逆算した」と「座頭市」(03)以来のR15+指定を受けた背景を説明。さらに、「ヤクザという設定を抜きにすれば、構造的には今の一般社会に当てはまると思う」とアピールした。

舞台挨拶にはこのほか國村隼杉本哲太塚本高史中野英雄小日向文世が出席した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi