青山真治監督、短編「DOWN」でダメ人間へエール : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年6月12日 > 青山真治監督、短編「DOWN」でダメ人間へエール
メニュー

青山真治監督、短編「DOWN」でダメ人間へエール

2010年6月12日 13:10

とりあえず頑張っていこうよ「EUREKA ユリイカ」

とりあえず頑張っていこうよ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「EUREKA ユリイカ」「サッド ヴァケイション」など国内外で高い評価を受ける青山真治監督の短編映画「DOWN」が6月11日、米アカデミー賞公認の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル 2010」に新設された「ミュージックshort クリエイティブ部門」で特別上映され、青山監督が都内で舞台挨拶に立った。

「ミュージックshort クリエイティブ部門」は、レコード会社や一般応募者からエントリーされた楽曲をテーマに、クリエイターが自由に映像作品を制作するセクション。青山監督が選んだのは、アコーディオン・ミュージシャン「マルカート」の「マロニエ通り」で、ひたすら倒れ込む人々を描写し、絶望や再生などを独特な世界観で表現した。

青山監督は、選曲の決め手を「映像やそこに映る人物、それらすべてが詩であると考えて、30曲くらいのなかからインストゥルメンタルの曲を選んだ。いたってシンプルに、人がぶっ倒れるだけをひたすら撮っていたら、それだけでなかなか面白かった。出来には満足している」と自信をのぞかせた。さらに、「撮っていて、単純な動きが一番伝わりやすいという発見があった。ダメな人は倒れてもなかなか立ち上がれない。『それでも、とりあえず頑張っていこうよ!』という思いをこめた」と説明した。

「ショートショート フィルムフェスティバル 2010」は6月10~13日が表参道ヒルズスペースオー、同16~20日がラフォーレミュージアム原宿で開催される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi