松田翔太、日本映画の未来を考える大学生に衝撃 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年6月12日 > 松田翔太、日本映画の未来を考える大学生に衝撃
メニュー

松田翔太、日本映画の未来を考える大学生に衝撃

2010年6月12日 13:10

学校ってうらやましいな「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」

学校ってうらやましいな
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 松田翔太の主演最新作「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」が6月12日、全国23スクリーンで封切られ、松田と共演の高良健吾安藤サクラ新井浩文大森立嗣監督が東京・新宿ピカデリーで舞台挨拶を行った。

孤児院で兄弟のように育ち、低賃金でひたすら壁を壊す重労働を強いられるケンタ(松田)とジュン(高良)が、日常の閉そく感を打ち破り、ケンタの兄が暮らす北を目指して旅に出る青春ロードムービー。

松田は、「ケンタが何をしたとか単純な話ではなく、3人が旅した熱い思いを感じてもらえれば」とアピール。高良も、「とても思い入れが強い作品。これがあったからこそ、いろんな場所(作品)へ飛べるようになった」と胸を張った。そんなふたりの姿に、安藤は「うらやましいほどの信頼感で結ばれている」とせん望のまなざしをおくった。

この日は、青山学院大学総合文化政策学部の学生10数人が登場。6月9日に、同大学で行った学生試写会にサプライズで出席した松田と高良へのお礼として、若者たちの思いが書きつづられた応援フラッグを手渡した。

松田は、「僕らとまったく同じ感覚で、映画の未来を考えてくれていることが衝撃的だった。学校っていいなとうらやましく思えた」。高良も「全員が大人に見えた。皆さんのエネルギーがすごいから、疲れちゃった(笑)」と述懐。メガホンをとった大森監督は、「ハードな部分もあるが、嫌がらずに役者たちを見守ってほしい」と訴えていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi