ジェーン・カンピオン、6年ぶりの新作に思い入れたっぷり : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年6月11日 > ジェーン・カンピオン、6年ぶりの新作に思い入れたっぷり
メニュー

ジェーン・カンピオン、6年ぶりの新作に思い入れたっぷり

2010年6月11日 15:28

自身を男っぽい性格と語るカンピオン監督「イン・ザ・カット」

自身を男っぽい性格と語るカンピオン監督
(C) 2009 Apparition, All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 25歳でこの世を去った19世紀イギリスの代表的なロマン派詩人ジョン・キーツと、恋人ファニー・ブローンの悲恋を、ファニーの視点から描いた「ブライト・スター いちばん美しい恋の詩」(公開中)。「イン・ザ・カット」以来、6年ぶりの長編映画となるジェーン・カンピオン監督が製作背景を語った。

「キーツの詩そのものより、彼らのイノセントな関係にひかれたの。特にキーツがファニーに宛てた現存するラブレターを読んで心打たれたわ。ふたりはキーツが23歳、ファニーが18歳のときに出会って、お互い初恋で恋愛を通して自分を発見した。そんな彼らの絆(きずな)はとても美しい。物語をファニーの視点から描いたのは、それが観客も彼女とともにキーツのことを好きになれる最良の方法だと思ったから。同時に、詩のことを良く知らない彼女とともに、映画が進むにつれて見る者も詩の世界になじむことができると思ったのよ」

キーツを演じるのは、カンピオン監督が「猫のような美しい生き物」と称する、「パフューム/ある人殺しの物語」のベン・ウィショー。ファニー役には、「キャンディ」でヒース・レジャーと共演し注目を浴びたアビー・コーニッシュが扮している。映画は冒頭、ファニーが裁縫をしているシーンから始まるが、自分の着るものを自らデザインして作ってしまう独立独歩のキャラクターは、どことなくカンピオン監督自身にもつながるようで興味深い。

「彼女は初期のフェミニストかって? 女性なら誰でもフェミニストなのではないかしら。だって女性としての視点で物事を見ているわけだから。私はこの作品に、女性としての観点やセンスをもたらした。でも男性にも女性的な部分はあるし、私自身とても男っぽい性格だと思っているわ(笑)」

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi