「白雪姫」3D実写映画化へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年6月9日 > 「白雪姫」3D実写映画化へ
メニュー

「白雪姫」3D実写映画化へ

2010年6月9日 15:27

ラトナーが3D実写コメディ「白雪姫」をプロデュース「白雪姫」

ラトナーが3D実写コメディ「白雪姫」をプロデュース
Photo:Album/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「アリス・イン・ワンダーランド」の大ヒットの影響もあり、童話の実写映画化企画のニュースが相次いでいる。ディズニーによる「シンデレラ」「眠れる森の美女」の実写映画化に続き、今度は「白雪姫」をコメディ映画にするという企画が浮上した。

米Deadline Hollywoodによれば、米レラティビティ・メディアが、アーロン・エッカート主演のコメディ「幸せのセラピー」の共同監督と脚本を手がけた、メリッサ・ウォーラックの脚本「The Brothers Grimm: Snow White」を高額で獲得。「ラッシュアワー」シリーズのブレット・ラトナーのプロデュースで、3D実写版「白雪姫」の製作を進めているという。

白雪姫」と言えば、1938年のディズニーのアニメーション映画が有名だが、ラトナーは、まったく異なる「エッジーなコメディ」になると話している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi