ホラークイーン紗綾、撮影中に霊感を発揮「あっ、あそこ…」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年6月7日 > ホラークイーン紗綾、撮影中に霊感を発揮「あっ、あそこ…」
メニュー

ホラークイーン紗綾、撮影中に霊感を発揮「あっ、あそこ…」

2010年6月7日 11:57

渾身の恐怖顔は必見「ムラサキカガミ」

渾身の恐怖顔は必見
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 中高生の間でささやかれている都市伝説“紫の鏡”をモチーフにしたホラー映画「ムラサキカガミ」の初日舞台挨拶が6月5日、東京・渋谷のシアターイメージフォーラムで行われ、主演の紗綾、長澤奈央上杉奈央安岡あゆみ三原光尋監督が登壇した。

「夜の11時35分、大鏡の前で“紫の鏡”と5回唱えると、焼けただれた少女が現れる」。そんな噂話に胸騒ぎを覚える女子高生の美奈子(紗綾)が、テニス部の合宿で訪れたのは、噂の大鏡がある旧校舎だった。

紗綾はグラビアアイドルとして活動する一方、「神の左手 悪魔の右手」(金子修介監督)、「口裂け女」(白石晃士監督)、「山形スクリーム」(竹中直人監督)といったホラー映画に多数出演。初の映画主演となった同作もホラーとあって、「プレッシャーで不安だらけだったけど、とにかく表情でお芝居しようと怖がる顔を頑張った」とホラークイーンぶりをアピール。撮影を振り返る上杉から、「紗綾ちゃんがかわいい顔して、何もない場所を指差し『あっ、あそこ』って……」と持ち前の霊感を発揮していたことを暴露された。

三原監督は、「村の写真集」「しあわせのかおり」といった過去作からの“路線変更”に「実は高校時代からホラーは大好き。今回は全身全霊で撮らせていただいた」と意気揚々。「70~80年代に見た『キャリー』『エクソシスト』『オーメン』といった作品から得たイマジネーションを、自分なりの思い入れで再構築した」と語り、女子だらけの撮影現場を「なかなかいいもんやなと、ニコニコしながら眺めていました」と振り返った。そんな三原監督に、長澤は「お話していると本当にホラー好きで、かわいらしかった。意外な一面でしたね」とほほ笑みかけていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi