韓流スター、キム・ミンジュン「何よりも愛を優先させます」にため息 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年6月5日 > 韓流スター、キム・ミンジュン「何よりも愛を優先させます」にため息
メニュー

韓流スター、キム・ミンジュン「何よりも愛を優先させます」にため息

2010年6月5日 19:06

川口浩史監督も感心したストイックさ「チョルラの詩(うた)」

川口浩史監督も感心したストイックさ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日韓合作ラブストーリー「チョルラの詩(うた)」のプレミア試写会が6月5日、東京・九段下の九段会館で行われ、主演のキム・ミンジュンソ・ドヨンキム・プルン川口浩史監督らが舞台挨拶に立った。

1987年、日本で非常勤講師として詩を教える在日韓国人の幸久(ドヨン)は、祖父の葬儀に参列するため数年ぶりに故郷の韓国・チョルラナムドを訪れ、従兄弟のカンス(ミンジュン)と再会。そこに幼なじみのソンエ(プルン)が戻ってきたことで、3人は微妙な三角関係に陥る。尾野真千子主演最新作「トロッコ」の川口監督がメガホンをとった。

ミンジュンは、ドラマ「チェオクの剣」で注目を集めた韓流スター。友情のために、恋をあきらめるカンスを演じたが、「僕自身は、何よりも愛を優先させます」と堂々宣言し、女性ファンからは甘いため息。「春のワルツ」など多くのドラマで主演を務め、今回が初の映画主演となったドヨンは「日本人でも韓国人でもない。それがいかに大変なことか、日本に暮らす韓国人からいろいろな話をうかがった。とはいえ、現場で演じながら感じ取る部分が大きいですね」と役づくりの難しさを明かした。

ヒロインを演じるプルンは、今回の大役に「プレッシャーも大きかったが、皆さんのお気遣いのおかげで、自分らしく演技ができた」とニッコリ。そんなプルンに対し、ミンジュンは「純粋で自由な感性をもった女優。今後が楽しみ」と太鼓判を押していた。

川口監督は、ミンジュンら韓国の俳優との仕事に「役づくりに対する姿勢が非常にストイック。台本を何度も読み返し、どんどん質問してくる。会話のキャッチボールが気持ち良かったし、みんなのパワーに負けないように頑張った」。また、「繊細な演技ができるのにワイルド。韓国映画界の俳優の層はすごく厚い」と熱っぽく語った。

チョルラの詩(うた)」はアールグレイフィルム配給で、6月12日から公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi