生田斗真、山田孝之&玉山鉄二のボケ合戦に苦笑い : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年6月5日 > 生田斗真、山田孝之&玉山鉄二のボケ合戦に苦笑い
メニュー

生田斗真、山田孝之&玉山鉄二のボケ合戦に苦笑い

2010年6月5日 11:48

どこまでもボケてみせます「シーサイドモーテル」

どこまでもボケてみせます
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 生田斗真の主演最新作「シーサイドモーテル」が6月5日、全国52スクリーンで公開。生田と共演の麻生久美子山田孝之玉山鉄二成海璃子守屋健太郎監督らは、東京・新宿ピカデリーで舞台挨拶に立った。

生田は、開口一番「マスコミの皆さん、日本が大変なときに『シーサイドモーテル』の初日をご取材くださってありがとうございます」と頭を下げた。しかし、その後は山田と玉山による“ボケ”合戦の幕開けだ。

山田は、自らがコラム「心に憧れた頭の男」を連載中の雑誌「+act.」(ワニブックス刊)に、生田が新連載「さらば、紅い髪のエイリアン」をスタートさせたことについて言及。「それがすごくいいんですよ、文字を直筆にしてみたり。僕は無機質なものが好きなので、誰が書いても同じ印刷物になっていますが……。『書道ガールズ』をよろしくお願いします」とボケてみせ、すかさず生田が「何の話をしているの? 『シーサイドモーテル』!」とツッコミを入れる姿が笑いを誘っていた。

さらに、玉山は「今回は勝新太郎さんの代表作をリメイクということで……」と便乗すると、再び生田は「だから『シーサイドモーテル』!」。花束贈呈のサプライズゲストとして登場した共演の古田新太も「こんにちは、松たか子です」とジョークを飛ばし、生田は終始苦笑いを浮かべ「本当にすみません」と客席に平謝りだった。

同作は、岡田ユキオの人気漫画「MOTEL」を映画化。山奥のさびれたモーテルの4つの部屋を舞台に、一筋縄ではいかないワケあり男女11人が壮絶なだまし合いを繰り広げるアンサンブル・ストーリーだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi