中国では全く別ものになった「殺人犯」 監督が明かす製作秘話 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年6月4日 > 中国では全く別ものになった「殺人犯」 監督が明かす製作秘話
メニュー

中国では全く別ものになった「殺人犯」 監督が明かす製作秘話

2010年6月4日 16:15

日本で公開されるのは香港オリジナルバージョン「殺人犯」

日本で公開されるのは香港オリジナルバージョン
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 香港の人気俳優アーロン・クォックが主演のサスペンススリラー「殺人犯」を手がけたロイ・チョウ監督に話を聞いた。

同作は、担当中の殺人事件の状況証拠から、自分が犯人ではないかと疑い、精神に異常をきたしていく刑事レン(クォック)の姿を描き、その衝撃的なエンディングが物議を醸した作品だ。そのアイデアは、チョウ監督が2004年に読んだある新聞記事から得たもので、「その内容が映画のテーマとして展開していけると思いました」

その後、すぐに脚本家と話し合い、映画化を急いだ。そうしなければ、ハリウッドに先を越されるだろうと懸念したからだ。結果、ハリウッドでも似たテーマのホラー映画がほぼ同時期に製作されたが、香港ではタッチの差で先に公開にこぎつけた。チョウ監督は、「僕らのほうが先だったけれど、一部の情報が漏れていたかもしれないね(笑)」と笑ってみせる。

猟奇的な描写や衝撃的展開に、中国本土ではラストが差し替えられた。暴力描写を全てカットした結果、想定したストーリーが成り立たなくなってしまい「全く別の映画になってしまいました(笑)。でも、仕方のないこと。中国には18歳未満には見せないという制度がない。万人向けにする必要がありました。中国ばかりを気にしていたら映画は撮れないので、今回も最初思いのまま作って、完成してから中国のことを考えましたけどね(笑)」。しかし、編集を加えたことに特に不満はなく、むしろ今後の中国の開放的なマーケットに期待を寄せている。「中国はハイスピードで変わっています。タブーがなくなり、自由になっている。数年以内には確実に素晴らしい市場になります」

この流れに乗り、香港映画界もかつての活況を取り戻せるのだろうか。チョウ監督は、「数年前に比べて中国との合作が増えています。ただ、ありがたい反面、激しい競争にさらされることにもなります。そもそも中国には豊富な資金と人材があります。そんな巨大な市場に参入して、どう勝ち残れるのか」と香港映画界の新たな課題を憂う。そして、「香港映画界は足元をしっかり見つめ、いいものをオリジナルで作らないといけない」と決意を新たにしていた。

殺人犯」はツイン配給で6月5日より全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi