反イルカ漁映画「ザ・コーヴ」東京公開が中止に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年6月3日 > 反イルカ漁映画「ザ・コーヴ」東京公開が中止に
メニュー

反イルカ漁映画「ザ・コーヴ」東京公開が中止に

2010年6月3日 23:46

シアターN渋谷で上映が急きょ中止に「ザ・コーヴ」

シアターN渋谷で上映が急きょ中止に
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第82回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞した「ザ・コーヴ」の東京での公開が急きょ中止になった。配給のアンプラグドによれば、度重なる抗議の電話が劇場にあったこと、市民団体の抗議による街宣活動がメイン館となる東京・シアターN渋谷宛てに行われたことが上映中止の理由だという。

和歌山県太地町でのイルカ漁を撮影した同作は、「イルカ救済のスペシャリスト」で1960年代のドラマ「わんぱくフリッパー」に出演したリチャード・オバリーが案内役を務めている。立ち入り禁止区域に入ったり、リモコン飛行機で隠し撮りしたとして地元からは猛反発を受けていた。

アンプラグドの加藤武史代表は、「『ザ・コーヴ』は決して反日映画ではありません。映画の内容について深く建設的な議論をすることが必要であると考えています。日本を舞台に描かれた映画を日本の映画館で見る機会が失われることを残念に思います」とコメントを寄せた。

同社は今後、同館以外の上映館との協議を進めていく。また、オバリーの来日が予定されていたが、当初の通り6月8日から滞在することが決まっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi