木村大作監督、次回作で「劔岳」超えに意欲 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年6月3日 > 木村大作監督、次回作で「劔岳」超えに意欲
メニュー

木村大作監督、次回作で「劔岳」超えに意欲

2010年6月3日 15:39

早くも次回作に意欲的!「劔岳 点の記」

早くも次回作に意欲的!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画製作において優れた活躍をしたプロデューサーに贈られる藤本賞の第29回授賞式が6月3日、都内で行われ、藤本賞を受賞した「劔岳 点の記」の木村大作監督、同新人賞を受賞した板尾創路らが出席。同賞は、生涯を映画製作に捧げ、227本もの作品を世に送り出した東宝の名プロデューサー、故藤本真澄の長年の功績を讃えて設けられた。

木村監督は「劔岳」で各映画賞を総なめにしたが、「映画作りに対する賞ですからね。これまでもらった賞のなかで一番うれしいですよ」と喜びを爆発。同作のエンディングクレジットは、全キャスト、スタッフを“仲間たち”と称しており「その意味をわかっていただいた意味は大きい」と万感の表情を浮かべた。公開当時は「これで映画界とおさらばする」と公言してきたが、この日は「言い過ぎちゃったかな。来年から収入ないんで、もう1本努力中。欲も出てくるし、『劔岳』を超える作品を作るだけ」と次回作に強い意欲を見せた。また、撮影監督としてデビューを飾った「野獣狩り」(1973)は、藤本氏がプロデュースを手がけており、感慨もひとしおの様子だった。

板尾は監督デビュー作「板尾創路の脱獄王」で新人賞を受賞。「(評論家の)おじさん、おばさんを怒らせるような映画を目指したので、本当にもらっていいんですかねえ」と戸惑い気味。それでも、「お客さんのことを考えず、自分なりのやり方を貫いた。それが良かったのかな」と分析。そして、「吉本興業からお金を出すから、好きに撮っていいと言われて、その通り好き勝手に作った。何の口出しもせず、正しい意味でのパトロンだと思う」と感謝を述べた。今後の監督業については、「次はどんな風に怒らせるか。一切撮らないというのが、一番の怒らせ方ですかね」と笑わせつつ、「次もタイトルに『板尾創路の』とつけることだけは決まっている」と意欲満々だった。

藤本賞=木村大作(「劔岳 点の記」の企画・製作に対して)
藤本賞・特別賞=角川歴彦(「沈まぬ太陽」の製作に対して)
藤本賞・奨励賞=石丸彰彦(「ROOKIES 卒業」の製作に対して)
藤本賞・新人賞=板尾創路(「板尾創路の脱獄王」の監督に対して)
藤本賞・新人賞=沖田修一(「南極料理人」の監督に対して)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi