シャイア・ラブーフ、スピルバーグ監督「インディ4」を駄作呼ばわり : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年5月26日 > シャイア・ラブーフ、スピルバーグ監督「インディ4」を駄作呼ばわり
メニュー

シャイア・ラブーフ、スピルバーグ監督「インディ4」を駄作呼ばわり

2010年5月26日 11:27

思わず本音を暴露「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」

思わず本音を暴露
[拡大画像]

[映画.com ニュース] シャイア・ラブーフが、先日の「トランスフォーマー/リベンジ」批判につづいて、自ら出演したスティーブン・スピルバーグ監督作「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」への不満を漏らした。

ラブーフは、5月23日に閉幕したカンヌ映画祭に出席した際、米ロサンゼルス・タイムズなどの記者に対して「『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』では、スティーブン(・スピルバーグ)も僕もヘマをした。人々にずっと愛されてきたシリーズに傷をつけてしまった」と発言。そして、「脚本家や監督のせいにすることもできるけど、俳優の仕事は作品に命を吹き込むことなのだから、それができなかった自分の責任だ」と自らの演技への反省を口にした。さらに、同作で共演したインディ役のハリソン・フォードも自分と同じ気持ちだったと告白。「ハリソンとはさんざん話し合ったが、彼も満足はしていなかった」と話した。

もちろん、スピルバーグの秘蔵っ子でもあるラブーフは、同時に同監督を敬愛していること、ふたりの間の信頼関係が強固なものであることをつけ加えることも忘れなかった。とはいえ、マイケル・ベイ監督批判を繰り返していた女優ミーガン・フォックスが、シリーズ最新作「トランスフォーマー3」から降板することが明らかになったばかり。業界では、率直すぎるラブーフの今後を心配する声も上がっている。

19年ぶりのシリーズ復活となった「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」は、全世界で興収約7億8663万ドルを上げる大ヒットを記録したが、評論家やファンの評価は賛否両論に分かれていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi