つるの剛士、ドキュメンタリー映画「うまれる」で初ナレーション : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年5月25日 > つるの剛士、ドキュメンタリー映画「うまれる」で初ナレーション
メニュー

つるの剛士、ドキュメンタリー映画「うまれる」で初ナレーション

2010年5月25日 06:00

ナレーションも頑張ります!「うまれる」

ナレーションも頑張ります!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] タレントのつるの剛士が、ドキュメンタリー映画「うまれる」のナレーションを担当することになった。人が生まれてきた意味や家族のあり方、生きることを考えるという企画の趣旨に感銘を受け、初のナレーション挑戦を快諾した。

同作は、子どもたちの胎内記憶をモチーフに妊娠から出産までの様子や、出産と隣り合わせにある不妊や流産、死産といった命と向き合う人々の姿を追った。昨年1月に企画を立ち上げ、開設したウェブサイトから参加者を募集したところ、約200人から応募が殺到。そのうち4組の家族の命のドラマを中心に、1年以上を要して撮影した。

メガホンをとった豪田トモ監督は、女性の聖域ともいえる“妊娠・出産”というテーマが、性別に関係なく男性にもできることがたくさんあるのではないかと思ったという。そして実際に、「映画本編では男性が苦闘し、活躍する様子も多く描かれていますが、映画全体の雰囲気を作るナレーターは男性で、という希望が元々ありました」と振り返る。


(C)2010「うまれる」パートナーズLLP「うまれる」

(C)2010「うまれる」パートナーズLLP
[拡大画像]

つるのに白羽の矢が立ったのは、「4人のお子さんのパパであり、2カ月間の育児休暇をとるなど妊娠・出産、そして育児に関して男性も楽しみながらできることがあると自然体で伝えてこられた方」と起用背景を説明。だからこそ、「つるのさんの生き方そのものからかもし出されている、優しい父としての包み込むような声で語っていただきたいと思った」と期待を寄せた。

完成は8月中旬を予定。

うまれる」はマジックアワー配給で、今秋に公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi