井口昇監督、主演女優3人から「優しい」と持ち上げられデレデレ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年5月24日 > 井口昇監督、主演女優3人から「優しい」と持ち上げられデレデレ
メニュー

井口昇監督、主演女優3人から「優しい」と持ち上げられデレデレ

2010年5月24日 11:59

ハードなアクションに体当たり!「戦闘少女 血の鉄仮面伝説」

ハードなアクションに体当たり!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 井口昇西村喜廣坂口拓の3人が共同監督を務める「戦闘少女 血の鉄仮面伝説」の初日舞台挨拶が5月22日、東京・池袋シネマ・ロサで行われ、井口、坂口両監督をはじめ、主演の杉本有美高山侑子森田涼花が登壇した。

ミュータント族の血を引く16歳の少女・凛(杉本)が、特殊パワーを秘めた右腕を武器に、戦闘少女として巨大な悪と戦うバイオレンス・アクション。物語の軸となるドラマパートを井口監督(「片腕マシンガール」)、特殊造詣を用いたスプラッターパートを西村監督(「東京残酷警察」)、アクションパートを坂口監督(「魁!!男塾」)が担当し、一本の長編を撮りあげる異例のスタイルで製作された。坂口監督は、物語のキーパーソンとして出演もしている。

会場にはおそろいのTシャツを着た“井口応援団”も駆けつけ、「昇」コールが起こるひと幕も。「涙が出そう」と感無量の様子だが、すぐさま「デブ担当の井口です」と客席の笑いを誘った。また、「坂口監督がまったく絵コンテを書いてくれなかった」とグチをこぼすと、当の坂口監督は「邪魔くさいじゃん!」と即答。井口監督は、「カットが細かいシーンは、僕の演出だと思ってください」とアピールしていた。

杉本、高山、森田の3人は、井口監督の印象について「とても優しい」と口をそろえ、本人もデレデレ。一方、坂口監督に対しては「アクションを練習する日に、遅れてきた。見た目も怖かったです」(杉本)、「演技がテキトーな人だなって思いました」(高山)と辛らつなコメントが飛び出した。これには、坂口監督も返す言葉がない様子だった。同作は、6月に開催されるニューヨーク・アジアン・フィルムフェスティバルで公式上映される予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi