「スター・ウォーズ」マーク・ハミルが映画監督デビュー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年5月24日 > 「スター・ウォーズ」マーク・ハミルが映画監督デビュー
メニュー

「スター・ウォーズ」マーク・ハミルが映画監督デビュー

2010年5月24日 11:59

自身のコミックを映画化「スター・ウォーズ」

自身のコミックを映画化
Photo:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スター・ウォーズ」のルーク・スカイウォーカー役で知られる米俳優マーク・ハミルが、自身のコミック作品の映画化で監督デビューを果たすことになった。

原作は、96年にダークホース・コミックから刊行された「ザ・ブラック・パール(原題)」。ハミルとエリック・ジョンソンがストーリーを、H・M・ベイカーが作画を担当した。平凡で悩み多き主人公ルーサー・ドレイクが、誘拐されそうになっていた女性を助けたことから、メディアによってヒーローに祭り上げられていくというストーリー。ハミルによれば、映画はR指定の「ダークでエッジーなスリラー」になるという。

ハミルは数年前から同作の映画化を企画していたが、このほどようやく製作費のめどが立ったとのこと。大のコミックファンとして知られるハミルは、04年にもビデオ映画「コミックブック:ザ・ムービー」でメガホンをとっているが、劇場用映画で監督を務めるのは本作が初となる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi