ミーガン・フォックス、「トランスフォーマー3」は自ら降板と主張 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年5月21日 > ミーガン・フォックス、「トランスフォーマー3」は自ら降板と主張
メニュー

ミーガン・フォックス、「トランスフォーマー3」は自ら降板と主張

2010年5月21日 10:46

私から見限ったのよ「007 慰めの報酬」

私から見限ったのよ
Photo:Newscom/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ミーガン・フォックスが、マイケル・ベイ監督の大ヒットシリーズ最新作「トランスフォーマー3」からの降板騒動について、「自ら出演を見送ることを選択した」と主張した。米ピープル誌が報じたもので、フォックスは広報を通じて「シリーズのさらなる飛躍を祈っている」とコメントを発表した。

主演シャイア・ラブーフの恋人役を演じてブレイクしたフォックスだが、2009年に雑誌のインタビューで撮影現場でのベイ監督の横暴ぶりを明かし、これにスタッフが反撃するという泥仕合が繰り広げられた。そして、このほどスタジオのパラマウントとベイ監督が、「トランスフォーマー3」にラブーフの相手役としてフォックスに代わる新たな女優をキャスティングすることが発覚。米Deadline Hollywoodは、フォックスの失言に対するベイ監督の報復だと伝えていた。

なお、米ワープによれば、代役の最有力候補である「007 慰めの報酬」のジェマ・アータートンが、すでに出演交渉に入っているという。また、レオナルド・ディカプリオの恋人として知られるモデルのバー・ラファエリ、オーランド・ブルームの恋人でモデルのミランダ・カー、同じくモデルのブルックリン・デッカーも検討されているようだ。

「トランスフォーマー3」は今夏クランクインし、2011年7月に全米公開の予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi