伝説の「処刑人」続編公開 主演ノーマン・リーダスが語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年5月21日 > 伝説の「処刑人」続編公開 主演ノーマン・リーダスが語る
メニュー

伝説の「処刑人」続編公開 主演ノーマン・リーダスが語る

2010年5月21日 15:04

前作への思いはいまも熱い「処刑人」

前作への思いはいまも熱い
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 神の啓示を受けたマクナマス兄弟が、法では裁けない悪人たちを退治するバイオレンスアクション「処刑人II」(トロイ・ダフィー監督)。主人公の弟マーフィを演じるノーマン・リーダスが語った。

同作は1999年に製作され、現在もカルト的人気を誇る「処刑人」(日本公開は2001年)の10年ぶりの続編となる。前作は、完成直後に米コロラド州でコロンバイン高校銃乱射事件が発生。暴力映画が忌避されアメリカでも限定公開となったが、口コミで評判が広まりビデオで大ヒット。日本でもビデオスルーの予定だったが、その面白さが業界内で話題になり劇場公開が決定したという伝説の作品だ。

リーダスは、「初めて脚本を読んだとき、ものすごく楽しかったことをいまでも覚えているよ。当時も過激で派手な作品はいっぱいあったけど、こんな作品読んだことがないと思って衝撃的だった」と述懐。そして、「10年前はまだキャリアも浅かったし、ちょうどこんな作品にかかわってみたいと思っていたときだった。出演を決めたきっかけはトロイに直接会って、彼の情熱や人柄にほれたからなんだ。この役が取れるように必死で頑張ってスクリーンテストを受けて、後はうまくいくよう祈るのみだったよ」。

兄コナー役のショーン・パトリック・フラナリーや、兄弟の父親ノア役のビリー・コノリー、ダフィー監督など、前作の主要キャスト、スタッフが再結集。契約上の問題などから続編実現に10年を要したが、ダフィー監督がその間にも自身の公式サイトを通してファンと交流を深め、続編に望むものを追求した。その例として、ロマンチックなシーンは今回も一切なく「どの映画にもお決まりのように必ずあるけど、この映画においてはなくて正解だと思う。もちろん、作品によって僕も見たいと思うことはあるけどね」。

シリーズを通して「2人の兄弟の関係が大好きだ」とリーダス。具体的なシーンを挙げるとすれば、「前作ラストの裁判所のシーンが一番好きだな。祈りの言葉を唱えている感じも、撮影のされ方も最高。あのシーンで兄弟が言いたいことが見事に表現されていて、完ぺきな処刑の仕方だったと思うよ」。

処刑人II」はソニー・ピクチャーズ配給で5月22日より全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi