オスカー受賞「クレイジー・ハート」サントラ発売決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年5月20日 > オスカー受賞「クレイジー・ハート」サントラ発売決定
メニュー

オスカー受賞「クレイジー・ハート」サントラ発売決定

2010年5月20日 11:23

オスカー受賞の主題歌など全23曲収録「クレイジー・ハート」

オスカー受賞の主題歌など全23曲収録
(C)2009 Twentieth Century Fox
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今年の第82回アカデミー賞で主演男優賞、オリジナル歌曲賞の2部門を受賞した「クレイジー・ハート」の日本語版サウンドトラックが、6月25日に発売されることが決定した。

同作は、ジェフ・ブリッジス演じる落ちぶれたシンガーソングライターのバッド・ブレイクが、シングルマザーの女性記者ジーン(マギー・ギレンホール)との出会いから、再び人生に希望を見出していく姿を描くヒューマンドラマ。名優ブリッジスが5度目のアカデミー賞ノミネートで、初のオスカー像を手にした。

そして、米音楽界の巨匠T=ボーン・バーネット(「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」「オー・ブラザー!」)とカントリー歌手ライアン・ビンガムの手がけた主題歌「The Weary Kind」がオリジナル歌曲賞を受賞。当初は日本語版サウンドトラックのリリース予定はなかったが、発売を望む多くの声が寄せられたことから急きょ決まった。同曲をはじめ全23曲が収録されている。

主人公バッドと同じミュージシャンから、多数の賛辞の声が寄せられている。応援隊長「Mr.クレイジー・ハート」にも就任している泉谷しげるは、「やり続けていれば……人生にチャンスはめぐってくる。あきらめないことの大切さを教えてくれる、懐の深いアメリカ映画に出合った」と絶賛。佐野元春は、「アメリカ南部の人々の人生観がよくわかる物語。男女の愛、同胞のきずな。カントリー・ミュージックの真髄をきわめた映画だ」。土屋アンナも、「ジェフ・ブリッジスの声がセクシー。カントリーシンガーである彼の生きざまがあまりにも人間臭く、不器用でいとおしく、なぜかホッとする」とコメントを寄せている。

クレイジー・ハート」は20世紀フォックス配給で6月12日より全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi