ジョージ・A・ロメロ監督、アルジェント「サスペリア2」をリメイク : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年5月19日 > ジョージ・A・ロメロ監督、アルジェント「サスペリア2」をリメイク
メニュー

ジョージ・A・ロメロ監督、アルジェント「サスペリア2」をリメイク

2010年5月19日 11:33

リメイク版「サスペリア2」は3Dに「サスペリア」

リメイク版「サスペリア2」は3Dに
Photo:Everett Collection/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ゾンビ映画の巨匠ジョージ・A・ロメロ監督が、イタリアンホラーの巨匠ダリオ・アルジェント監督の「サスペリア PART2 紅い深淵」(1975)をリメイクすることになった。

英エンパイア誌によれば、リメイク版は3D映画になる。またアルジェント本人の関与はないが、実弟でプロデューサーのクラウディオ・アルジェントが脚本を手がけるという。ふたりのコラボレーションは過去にもあり、アルジェント監督がロメロ監督の出世作「ゾンビ」(78)の監修と音響効果を手がけたほか、「マスターズ・オブ・ホラー/悪夢の狂宴」(90)では共同監督も務めている。

なお、猟奇殺人を描いたオリジナル版は、アルジェント監督の大ヒット作「サスペリア」(77)のあとに日本で公開。そのため、続編であるかのような邦題がつけられたが、製作時期もこちらが先で内容的にもまったく関連性はない。原題「Profondo Rosso(英題:Deep Red)」を反映させたと思われる「紅い深淵」のサブタイトルは、DVDのリリース時に加えられたもの。ちなみに、「サスペリア」の米版リメイクも進行中で、「スモーキング・ハイ」(08)のデビッド・ゴードン・グリーン監督がメガホンをとることになっている。

ロメロ監督の最新作「サバイバル・オブ・ザ・デッド」は、6月12日より日本公開される。

リメイク版「サスペリア PART2 紅い深淵」は今年後半、カナダでのクランクインを予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi