松たか子、撮影中に鼻血を出していたことを「告白」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年5月19日 > 松たか子、撮影中に鼻血を出していたことを「告白」
メニュー

松たか子、撮影中に鼻血を出していたことを「告白」

2010年5月19日 17:45

鼻血を出しながらダークな役柄に挑戦「告白」

鼻血を出しながらダークな役柄に挑戦
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 湊かなえのベストセラー小説を映画化した「告白」の完成会見が5月19日、東京・六本木のグランドハイアット東京で行われ、主演の松たか子岡田将生木村佳乃中島哲也監督、原作者の湊が出席した。

同作は、ひとり娘を事故で亡くした中学校教師の森口(松)が、終業式の日に「娘はこのクラスの生徒に殺された」と告白をしたことから、事件にかかわった人物たちの心のやみが次々と明るみになっていく様子を描く。

松は、「この原作を映画化する監督は勇敢な人だと思ったし、その挑戦に参加しないのはおかしいだろうと、後先考えずに直感だけで返事をした」と出演理由を説明。受け持った生徒に復しゅうする教師というダークな役どころも、「自分のイメージがどうなるかとかあまり興味がない。自分がどう思われても構わないという気持ちでやってきたし、個人的にやって良かった」と満足げだ。


思い思いの「告白」「告白」

思い思いの「告白」
[拡大画像]

一方の中島監督は、「登場人物がしゃべっているだけなので、映像化はチャレンジングだったけど、成功すればお客さんにいままで見たことのないものをお見せできると思った」と映画化に挑んだ心境を告白。3人の俳優に、「イメージダウンにしかならない、コマーシャルの仕事が減るような役をよくやってくれたと思う」と独特の言い回しで感謝した。

一同は、映画の内容にちなんで自身の秘密を告白。松は「出血II」という告白で、「湊さんが第1章を書かれているときに鼻血を出されたそうですが、私も教室のシーンの撮影中に鼻血を出していました(笑)。そんなに大量にではないので、だましだましやっていましたけど」と撮影秘話を明かした。また、木村も「血糊」という告白で、「撮影で使った血糊が監督の特別ブレンドでなかなか落ちなくて、赤鬼のような顔で家に帰った」と話して笑わせた。

告白」は東宝配給で、6月5日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi