つぶやきシロー「RAILWAYS」ツイッター試写会で連続ツイート : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年5月18日 > つぶやきシロー「RAILWAYS」ツイッター試写会で連続ツイート
メニュー

つぶやきシロー「RAILWAYS」ツイッター試写会で連続ツイート

2010年5月18日 11:55

映画を見ながら感想をツイート「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」

映画を見ながら感想をツイート
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 中井貴一の主演最新作「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」のツイッター限定試写会が5月17日、都内で行われ、約50人の参加者が上映中に映画の感想をつぶやいた。

人々のきずなをテーマにした同作にちなみ、人と人をリアルにつなぐツイッターの特性を生かそうと企画された同試写会。「フォロワー50人以上」「上映中に携帯で映画の感想をつぶやける自信がある」といった条件をクリアした参加者が、上映前から携帯電話を片手にツイート。上映が始まるとフォロワーも巻き込み、つぶやきは加熱した。事前告知の段階では、「映画の上映中に携帯電話を使うとは、何事か!」とツイッター上でクレームもつぶやかれたが、関係者は「あくまで映画館でのマナー向上を目指しており、劇場での上映中の携帯電話使用を促進するものではありません」と口頭で説明した。

この日は、19万人以上のフォロワーをもつお笑い芸人・つぶやきシローも映画を鑑賞。上映中は、「中井貴一さんって、髪型ずっと変わらないね」「みんな打つの速いね」「レールが動く画がいい」など次々とツイートした。上映終了後には、「みなさんのつぶやきを見て、(映画について)こういう風に思う人もいるんだって意外な発見がある。ひとりで見るより映画の世界に入り込めた」と笑顔で“つぶやいて”いた。

同作は、出世街道を歩む50歳を目前に控えたエリート会社員の主人公(中井)が、電車の運転士になるという少年のころの夢に挑むことで、離散状態だった家族のきずな、信頼を取り戻していく姿を描く。「ミラクルバナナ」の錦織良成監督がメガホンをとる。

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」は松竹配給で、5月29日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi