「ミレニアム2」「ミレニアム3」連続公開決定 一気にクライマックスへ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年5月15日 > 「ミレニアム2」「ミレニアム3」連続公開決定 一気にクライマックスへ
メニュー

「ミレニアム2」「ミレニアム3」連続公開決定 一気にクライマックスへ

2010年5月15日 16:34

ミステリー3部作、完結へ「ミレニアム2 火と戯れる女」

ミステリー3部作、完結へ
(C)Yellow Bird Millennium Rights AB,
Nordisk Film, Sveriges Television AB,
Film I Väst 2009
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スウェーデンのベストセラー小説を3部作で映画化した「ミレニアム」シリーズの第2弾「ミレニアム2/火と戯れる女」と第3弾「ミレニアム3/眠れる女と狂卓の騎士」が、9月に連続公開されることが決まった。

同作は、全世界40カ国以上で翻訳され、日本での40万部を含め2500万部の売り上げを記録した人気小説が原作。2004年に著者スティーグ・ラーソンが心臓発作のため50歳で急死後も、各国で売り上げを伸ばしている。

第1作「ミレニアム/ドラゴン・タトゥーの女」は、40年前の少女失踪事件を調査する雑誌編集者ミカエルと、背中にドラゴンのタトゥーを入れた天才ハッカーのリスベットが、真相を解明すべく奮闘するミステリーサスペンス。同作は欧州全土で興行収入1億ドル(約90億円)を稼ぐ大ヒットを記録し、ハリウッドでのリメイクも決定した。

前作の事件から1年後を舞台となる続編2作品では、姿を消したリスベットの指紋が残った銃がジャーナリストの殺害現場に残されていたため指名手配されてしまう。無実を確信するミカエルは独自の方法で核心に迫ろうとし、リスベットの衝撃の過去も徐々に明らかになっていく。

ミレニアム2/火と戯れる女」「ミレニアム3/眠れる女と狂卓の騎士」はギャガ配給で、9月に東京・渋谷のシネマライズで連続公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi