第63回カンヌ映画祭が開幕 T・バートン審査委員長「先入観持たない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年5月13日 > 第63回カンヌ映画祭が開幕 T・バートン審査委員長「先入観持たない」
メニュー

第63回カンヌ映画祭が開幕 T・バートン審査委員長「先入観持たない」

2010年5月13日 11:49

カンヌに登場したラッセル・クロウ&ケイト・ブランシェット「ロビン・フッド」

カンヌに登場したラッセル・クロウ&ケイト・ブランシェット
Photo:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第63回カンヌ映画祭が5月12日(現地時間)、オープニング・フィルムに選ばれた「ロビン・フッド」の上映とともに開幕。団長のティム・バートンら審査員メンバーとともに、主演のラッセル・クロウケイト・ブランシェットが出席した。

同作のリドリー・スコット監督は、ひざの手術の影響でドクターストップがかかり欠席となったため、会見でその無念を伝える手紙が読み上げられた。監督不在をカバーすることになった主演のふたりは緊張気味だったが、大好きなサッカーの話題が出るとクロウの表情がゆるみ「オーストラリア・チームには残念ながらワールドカップでのチャンスはないだろうね」などとジョークも飛び出した。

今年のコンペディションはアメリカ勢の影が薄く、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥマイク・リーアッバス・キアロスタミイ・チャンドン、最後に追加になったケン・ローチなど、作家性の強い顔ぶれが並んだ。日本からは北野武監督の「アウトレイジ」が参加する。

その他の部門では、ある視点部門に中田秀夫監督のイギリス製作映画「チャットルーム(原題)」が入ったほか、話題作としてオリバー・ストーン監督の「ウォール・ストリート」、ジャン=リュック・ゴダール監督の6年ぶりの新作、ウッディ・アレン監督のナオミ・ワッツ主演作、スティーブン・フリアーズ監督の最新作が名を連ねている。さらに、監督週間ではミック・ジャガーがプロデューサーを務めたローリング・ストーンズのドキュメンタリー「Stones in Exile」と、アフリカ初の身障者のバンド「スタッフ・ベンダ・ビリリ」のドキュメンタリーなどがある。

ティム・バートン審査委員長は、「審査という言葉には抵抗を感じる。どんな先入観も持たずに、オープンな心でさまざまなタイプの映画に触れることがエキサイティング。サプライズを期待している」と語った。同映画祭は12日間にわたって開催され、23日の閉幕式でパルムドールが発表される。(佐藤久理子)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi