「007」シリーズ、ワーナーへの移行が濃厚に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年5月12日 > 「007」シリーズ、ワーナーへの移行が濃厚に
メニュー

「007」シリーズ、ワーナーへの移行が濃厚に

2010年5月12日 11:29

早く決まって!「ロード・オブ・ザ・リング」

早く決まって!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「007」シリーズの製作スタジオが、MGMからワーナー・ブラザースに移る可能性が高くなってきた。同シリーズの権利を所有しながら約37億ドルの負債を抱えるMGMは、昨年11月から競売にかけられているが、落札候補がワーナー・ブラザースの親会社タイム・ワーナー1社にしぼられたことが分かった。

3月なかばまでの段階では、タイム・ワーナー、ライオンズゲート、ロシア出身の実業家でショービジネス界への進出を目指すレン・ブラバトニックが率いるアクセス・インダストリーズの3社が入札に参加。しかしその後、ライオンズゲートが降り、先週末にはアクセス・インダストリーズも手を引いた。

タイム・ワーナーは先週、今年第1四半期の売上高が、過去2年間で最高を記録したことを報告、企業買収資金として50億ドルにのぼる潤沢な資金があることを明言。だが、タイム・ワーナーの入札額は、MGMとその債務保有者の希望額20億ドルを大きく下回る15億ドル程度と見られており、MGMがすぐに応じるかは不明だ。

MGMの資産は「007」シリーズのほか、「ロード・オブ・ザ・リング」の前章となる「ザ・ホビット(原題)」2部作や「ピンク・パンサー」シリーズの権利、4000タイトルのライブラリー、ユナイテッド・アーティスツ(UA)などを含む。

「007」シリーズの製作を手がけるイオン・プロダクションは4月19日、MGMの先行きが不透明であることから、シリーズ最新第23作、通称「ボンド23」の撮影を無期限で延期することを発表している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi