鬼才作品に数秒出演のグラドル松本さゆき「思うままに感じて」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年5月12日 > 鬼才作品に数秒出演のグラドル松本さゆき「思うままに感じて」
メニュー

鬼才作品に数秒出演のグラドル松本さゆき「思うままに感じて」

2010年5月12日 20:22

グラビアを見た監督からラブコール「アレックス」

グラビアを見た監督からラブコール
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「アレックス」で物議を醸した鬼才ギャスパー・ノエ監督が、東京を舞台に固いきずなで結ばれた兄弟を描く「エンター・ザ・ボイド」のイベント試写会が5月12日、東京・シネマート六本木で行われ、同作に唯一の日本人女優として出演したグラビアアイドルの松本さゆきがトークイベントに出席した。

同作は、命を落としたドラッグ・ディーラーのオスカーの魂が、ストリッパーの妹リンダを見守りながら東京の街をさまよう様子を映し出す、サイケデリックな衝撃作。

主人公オスカーにクラブでナンパされる女性役で出演した松本は、「監督が私のグラビアを見たらしく、いきなり事務所にオファーがきた」と出演に至る経緯を説明。「最初はギャスパー・ノエ監督を知らなかったけど、『アレックス』のDVDをもらったら、見たことのある映画でびっくりした。1日の撮影で新宿のクラブや夜の歌舞伎町を歩くシーンを撮影したけど、使われたのはほんの数秒だった(笑)」と苦笑いを浮かべた。

過激な映像表現で話題のノエ監督について、「見た目は怖いけど、実際は気さくな人。台本をもらっていなかったので現場では常にアドリブだった」と振り返り、「視覚と聴覚が刺激される映画。何も考えず、思うままに感じてほしい」とPRした。

エンター・ザ・ボイド」はコムストック・グループ配給で、5月15日からシネマスクエアとうきゅうほかで公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi