松嶋菜々子&ソン・スンホン、アジア版「ゴースト」にダブル主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年5月12日 > 松嶋菜々子&ソン・スンホン、アジア版「ゴースト」にダブル主演
メニュー

松嶋菜々子&ソン・スンホン、アジア版「ゴースト」にダブル主演

2010年5月12日 06:00

どんな物語が紡がれるのだろうか…「ゴースト ニューヨークの幻」

どんな物語が紡がれるのだろうか…
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 松嶋菜々子と韓国の人気俳優ソン・スンホンが、デミ・ムーアと故パトリック・スウェイジさんの共演で大ヒットした米映画「ゴースト ニューヨークの幻」のアジア版にダブル主演することになった。松竹と共同で配給するパラマウントピクチャーズにとって、初めて手がける邦画作品となる。

1990年に日本で公開された「ゴースト ニューヨークの幻」は、サスペンスとラブファンタジーがミックスされた物語が話題を呼び、配給収入28億円を記録した。アメリカでも、「トータル・リコール」や「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3」を抑え興行収入No.1に輝き、世界興収は5億ドルを突破。故スウェイジさんがムーアを後ろから抱き寄せながら“ろくろ”を回すシーンは、あまりにも有名だ。

松嶋の映画出演は「眉山」(07)以来3年ぶり。同作の公開当時は高校生だったそうだが、「物語に入り込んで見ていたことを覚えています」と述懐。20年という歳月を経て、アジアに舞台を移して映画化されることに「原作に思い入れのあるたくさんの方々の期待を裏切らないよう、ソン・スンホンさんをはじめ共演者、スタッフの皆さんと一緒にアジア版『ゴースト』を大切に作り上げていきたいと思っています」と並々ならぬ意欲をみなぎらせている。


あのBGMも忘れられない「ゴースト ニューヨークの幻」

あのBGMも忘れられない
Photo:Everett Collection/アフロ
[拡大画像]

一方のソン・スンホンは、08年に出演したドラマ「エデンの東」が平均視聴率30%を記録し、MBC演技大賞で大賞を含む3冠を達成した実力派俳優。日本映画には初挑戦となるが、「個人的に大好きだった映画なので、シナリオを読んだあと即座に出演を決めました」と話した。松嶋のことは「リング」(98)を見て知ったそうで、「松嶋さんの相手役として私が選ばれるとは全く想像もしていませんでした。素敵な女優さんと共演する機会を得て、とてもうれしく思っています」と共演を心待ちにしている。

メガホンをとるのは、日本テレビで「共犯者」や「ごくせん」など数多くのドラマの演出を手がけてきた大谷太郎監督。一瀬隆重プロデューサーにとっては、4年越しの企画だけに「ハリウッド映画の王道。夢を見させてくれる映画の力がある。アジア最高のキャストとスタッフが結集して新しい『ゴースト』に挑みます」と気合満々だ。米パラマウントのアンドリュー・クリップス社長も、「世界中の人々に愛され続けている『ゴースト』が今また、アジアを代表するキャストによって生まれ変わることは、原作に対しての最高の敬意だと考えます」とコメントを寄せた。

6月にクランクインする映画の舞台は、ニューヨークから東京へ。物語の詳細は不明だが、主人公2人が“ろくろ”を回す名シーンの再現はあるのか、ウーピー・ゴールドバーグがアカデミー賞助演女優賞を受賞した霊媒師など共演陣のキャスティングなど、全容が明らかになるまで目が離せない。

「ゴースト」は今秋、全国で公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi