沢尻エリカは血祭りにされた現代のヒーロー?井筒監督がヒーロー論 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年5月12日 > 沢尻エリカは血祭りにされた現代のヒーロー?井筒監督がヒーロー論
メニュー

沢尻エリカは血祭りにされた現代のヒーロー?井筒監督がヒーロー論

2010年5月12日 18:48

井筒監督がエリカ様の再出発にエール「ヒーローショー」

井筒監督がエリカ様の再出発にエール
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 井筒和幸監督の3年ぶり最新作「ヒーローショー」の公開記念トークショーが5月12日、東京・池袋のサンシャインシティ噴水広場で行われ、井筒監督、主演を務めた人気漫才コンビ「ジャルジャル」の後藤淳平福徳秀介、ヒロインのちすんが出席した。

同作は、夢をもてずに中途半端な日々を送るフリーターのユウキ(福徳)と、元自衛官で調理師免許取得を目指す勇気(後藤)の2人が、思いがけない事件に巻き込まれ、次第に暴走していく姿を描く。過激な暴力やセックスを描いてR15指定を受けた青春ストーリーだ。

劇中、ユウキがアルバイトで出演し、事件のきっかけとなる「電流戦士ギガチェンジャー」のヒーローショーにちなみ、福徳はギガチェンジャー・レッドの衣装で登場。お笑いタレントの椿鬼奴が悪役として乱入しイベントを盛り上げた。

井筒監督は、「こんなアホなショーを描いているわけじゃないけど、その裏にあるいろいろなことが出ている。世の中、暴力がはびこっているから、そんなら一度徹底的に見てみればという思いでやった。タイトルも含めて、かぶっている仮面を引っぺがす映画」とPRした。さらに、「現代のヒーローはマスコミが作り上げてる。祭り上げられて生けにえにされているだけ」と独自のヒーロー論を展開。報道陣から、沢尻エリカについてコメントを求められると「沢尻も一時は血祭りに上げられてたけど、彼女はめちゃくちゃうまい役者だし、また女優さんとして活躍してくれると思う」と話した。

一方、映画初出演の福徳は「芸人であることを忘れて真剣に芝居した」。後藤も、元自衛官役とあって体作りを入念に行い、「もうすぐ公開なので、いまは達成感です!」と胸を張った。井筒監督は、2人の起用について「吉本興業製作の映画だから。よその会社で作ってたら使ってないよ。はんにゃを使おうか迷ったけど、おまえらにした。なんかおごれよ」と井筒節で愛情表現。そして、「なんでこの2人なのかは映画を見て確かめて」と観客に語りかけていた。

ヒーローショー」は角川映画配給で、5月29日から全国で公開。

パッチギ! 特別価格版[DVD] パッチギ! 特別価格版[DVD] 最安価格: ¥1,715 井筒和幸監督が、若者たちの恋と喧嘩を軸に、日本と朝鮮の深い溝とそれを乗り越える前向きな力を問う屈指の傑作青春映画。沢尻エリカ出演。
間宮兄弟(通常版)[DVD] 間宮兄弟(通常版)[DVD] 最安価格: ¥5,076 小さな幸せがいっぱい、毎日が楽しくなるほのぼのムービー!沢尻エリカ出演。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi