岡田将生&蒼井優「雷桜」、異例の金曜日公開に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年5月12日 > 岡田将生&蒼井優「雷桜」、異例の金曜日公開に
メニュー

岡田将生&蒼井優「雷桜」、異例の金曜日公開に

2010年5月12日 05:00

チラシビジュアルも解禁「雷桜」

チラシビジュアルも解禁
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 岡田将生蒼井優主演で、宇江佐真理の人気時代小説を映画化する「雷桜」の公開日が10月22日に決定した。邦画の金曜日公開は異例で、配給の東宝は「シネコンが全国的に普及し、番組編成が柔軟にできるようになったことも大きな要因になった。洋画大作に匹敵する集客が見込める作品だからこそ」と自信をのぞかせている。

女性読者からの圧倒的な支持を受け、発行部数10万部を突破した時代小説が原作。徳川家御三卿で清水家当主の清水斉道に扮する岡田は、心の病を抱え屋敷の内外で狼藉を繰り返す。一方の蒼井が演じるのは、初節句の日に何者かに誘拐されてしまう遊役。さらに、10年以上も人里離れた山奥で野生児のように育ったときには雷(らい)と呼ばれており、ふたつの相反するキャラクターを演じる。

岡田と蒼井以外の共演陣もこのほど、発表された。雷の実兄・瀬田助次郎役に小出恵介、斉道の世話係である清水家当主のご用人・榎戸角之進に柄本明が決定。そして、庄屋の娘として生まれた雷をさらい山奥で育てたナゾの人物・理右衛門には、時任三郎が挑む。

身分の違いから決して交わるはずのない2人が、奇妙な木“雷桜”の前で出会い運命の恋に落ちてしまう同作は、沖縄を含む九州地方や関東で撮影を行い、4月30日にクランクアップ。6月5日からは、最新映像が上映される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi