仲代達矢のエールに、徳永えり「言葉にならない」と感涙 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年5月11日 > 仲代達矢のエールに、徳永えり「言葉にならない」と感涙
メニュー

仲代達矢のエールに、徳永えり「言葉にならない」と感涙

2010年5月11日 19:51

「うんと泣いて」と自信作をアピール「春との旅」

「うんと泣いて」と自信作をアピール
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 仲代達矢の9年ぶりとなる主演作「春との旅」のプレミア試写会が5月11日、東京・有楽町のよみうりホールで行われ、仲代と共演の徳永えり小林政広監督が舞台挨拶に出席した。

同作は、足の不自由な元猟師の忠男(仲代)が孫娘・春(徳永)とともに、最後の住み処を求めて疎遠になった親類縁者を訪ね歩き、家族との確執や過去と向き合いながら自分自身を見つめなおすロードムービー。仲代は、「映画俳優を60年やってきた晩年の老役者がこんな素敵な映画に出演できて幸せ」と万感の表情。そして、「小林監督のシナリオをそのままやっただけ。実に楽しく演じさせてもらった。私は忠男みたいに頑固ではなく、真面目でおとなしい役者ですが(笑)、忠男の生き方はうらやましい」と語った。

一方の徳永は、「演じたというよりは、春とともに生きた感覚。撮影中はつらいこともあったけれど、だからこそ春ちゃんは存在できた」。大先輩の仲代から、「自分の孫よりも若いが、ひとりの女優として素晴らしかった。スター誕生です! 今後も初心を貫いて、薄っぺらな女優にはならないように」と熱いエール。これには、「言葉になりません。仲代さんら先輩方の(演技への)アプローチなど、いろいろと勉強し吸収する旅だった。みなさんが先生だと思うし、今後もいい経験、いい出会いを重ねたい」と思わず涙ぐんだ。

8年越しの企画を結実させた小林監督は、「台本を書き始めた2003年は、イラク戦争が始まり、映画界全体がすごく政治的、社会的になっていた。映画は時代に寄り添うものだと思う反面、そればっかりになってしまった気もした。だからこそ、自分が映画を志したときに見た、家族を描いた古き良き日本映画を実現させたかった」と熱っぽく話した。仲代は、「自分が出た映画で、こんなこと言うのもなんですが、今(場内に)流れているテーマ曲を聞くだけで泣いちゃう。ぜひうんと泣いてください」とアピールしていた。

春との旅」はティ・ジョイとアスミック・エースの共同配給で、5月22日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

春との旅[DVD] 春との旅[DVD]最安値: ¥4,517 春との旅[DVD] 春との旅[DVD]最安値: ¥2,426 北の螢[DVD] 北の螢[DVD]最安値: ¥2,426
乱 4K Master Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 乱 4K Master Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ]最安値: ¥5,728 ゆずり葉の頃[DVD] ゆずり葉の頃[DVD]最安値: ¥3,175 雨あがる[DVD] 雨あがる[DVD]最安値: ¥2,000
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi