忍者アクション&バイオテロ描く「忍邪」、釜山映画祭出品を検討中 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年5月11日 > 忍者アクション&バイオテロ描く「忍邪」、釜山映画祭出品を検討中
メニュー

忍者アクション&バイオテロ描く「忍邪」、釜山映画祭出品を検討中

2010年5月11日 16:06

迫力のアクションが満載「忍邪」

迫力のアクションが満載
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 数々の忍者アクション映画を手がける千葉誠治監督の最新作「忍邪」の完成披露試写会が5月11日、東京・秋葉原の富士ソフトアキバシアターで行われ、千葉監督をはじめ、合田雅吏虎牙光輝柏原収史永倉大輔豊川めいが舞台挨拶に立った。

天正9年、織田と甲賀の連合軍により攻め込まれた伊賀は、敵の侵入を防ごうと腕の立つ下忍(合田、虎牙、永倉)に、死病をわずらうナゾの忍者・埋火(柏原)を国境まで連れてくるよう命じる。千葉監督は、忍者アクションに死病を用いたバイオテロを融合させたストーリー展開に、「身を滅ぼしてでも国を救うという発想は、当時もあったはず。自爆テロの問題を日本の戦国時代に置き換えて、現代的な要素を盛り込んだ」と胸を張った。

得意のアクション演出に加え、特殊メイクを駆使して死病の広がりを描いた点には、「タイトなスケジュールのなか、詰め込みすぎたかなと(笑)。スタッフが次々と倒れていくし、本当にスタッフ殺しの映画。監督ひとりが喜んでいるみたいで」と自嘲気味。それでも、「ビジュアル面にも凝った作品で、内容も刺激的。海外に向けて作ったつもり」と話し、釜山国際映画祭への出品を検討していると明かした。

千葉監督の「伊賀の乱 拘束」「戦国 伊賀の乱」に出演した柏原は、「毎回、さまざまな仕掛けに驚かされる。今回も素晴らしい作品に仕上がったと思いますし、これからもよろしくお願いします」とラブコール。千葉組の常連である合田は、「アクションあり、特殊メイクあり。ドンデン返しもあって、いろんな要素満載。体の使い方、刀の使い方も新鮮でした」とアピールした。

忍邪」は6月19日からスタジオビコロール配給で、渋谷シアターTSUTAYAで公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

「忍邪」[DVD] 「忍邪」[DVD]最安値: ¥3,201 伊賀の乱 拘束[DVD] 伊賀の乱 拘束[DVD]最安値: ¥3,479 戦国 伊賀の乱[DVD] 戦国 伊賀の乱[DVD]最安値: ¥2,426
忍者狩り[Blu-ray/ブルーレイ] 忍者狩り[Blu-ray/ブルーレイ]最安値: ¥3,172 D.P[DVD] D.P[DVD]最安値: ¥4,011 忍者狩り[DVD] 忍者狩り[DVD]最安値: ¥2,780
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi