相武紗季初主演作「NECK」主題歌は音楽シーン期待の新人 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年5月10日 > 相武紗季初主演作「NECK」主題歌は音楽シーン期待の新人
メニュー

相武紗季初主演作「NECK」主題歌は音楽シーン期待の新人

2010年5月10日 06:00

胸キュンホラーを盛り上げるアップテンポな楽曲「NECK ネック」

胸キュンホラーを盛り上げるアップテンポな楽曲
(C)2010「NECK」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 相武紗季の初主演映画「NECK ネック」の主題歌が、新人ユニット・MAGIC PARTYの「今夜はMAGIC BOX」に決定。これまでインディーズで活動していたが、同曲でポニーキャニオンから初めてメジャーリリースすることになった注目の新人だ。

MAGIC PARTYは、ボーカルのAIRIとベースの本田光史郎の2人組ユニット。インディーズ時代には、小林薫主演の深夜ドラマ「深夜食堂」の主題歌を担当して話題を呼んだ。「今夜はMAGIC BOX」は、相武演じる主人公の杉奈が開発した「ネックマシーン」にインスパイアされて書き下ろし。AIRIは、「世界でたったひとつのMAGIC BOXは、必ずアナタの中にあります。その存在に気づいたら、きっと毎日が“最高”に変わる!」とメッセージを寄せた。

芥川賞候補にも名を連ねた覆面作家・舞城王太郎は、映像作品に初参入。同曲について、「映画が終わってこの主題歌を聞きながら、観客の皆さんが『NECK』の登場人物たちの『心を奮い立たせる好奇心』を笑ってほしいのです。バカにしてくれたって構いません。実際のところ、夢に向かって頑張っている姿も言っているセリフも本物だからこそバカバカしくて笑っちゃいたくて、いよいよいとしいものなのです」と独自の言い回しで称えている。

同作は、舞城が映像化を視野に入れて書き下ろしたオリジナルストーリー。主人公の大学生・杉奈が“お化け”を作り出そうと独自の研究を続け、溝端淳平が演じる大学生が杉奈に恋をしたことからトラブルに巻き込まれていく“胸キュン”ホラーだ。相武、溝端のほか、栗山千明平岡祐太らが共演。

NECK ネック」はアスミック・エース配給で、8月から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi