アントニオ・バンデラス&アルモドバル監督、20年ぶりタッグ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年5月7日 > アントニオ・バンデラス&アルモドバル監督、20年ぶりタッグ
メニュー

アントニオ・バンデラス&アルモドバル監督、20年ぶりタッグ

2010年5月7日 11:29

同郷アルモドバル監督作品に「アタメ」

同郷アルモドバル監督作品に
Photo:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スペイン出身のハリウッドスター、アントニオ・バンデラスが、「アタメ」(1990)以来20年ぶりに同郷のペドロ・アルモドバル監督作に出演することになった。

バンデラスは、アルモドバル監督の「セクシリア」(82)で銀幕デビュー。その後も「マタドール 炎のレクイエム」(86)、「欲望の法則」(87)、「神経衰弱ぎりぎりの女たち」(88)といったアルモドバル組への出演を通して、スペインを代表する俳優へと成長していった。

2人が再タッグを組む新作は、「La piel que habito」。米Comingsoon.netによれば、アルモドバル監督はすでに02年に製作を発表しており、当初からバンデラスとペネロペ・クルスを主演に想定して脚本を書いていたという。脚本はその後9回のリライトを経て、最新バージョンにはクルスの役どころは残っていない。アルモドバル監督は、「叫び声やショッキングシーンのないホラー」と明かしており、主人公の美容整形外科医が娘をレイプした男に対する復讐劇を描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi