リンジー・ローハン、主演映画から解雇 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月27日 > リンジー・ローハン、主演映画から解雇
メニュー

リンジー・ローハン、主演映画から解雇

2010年4月27日 11:29

クビになっちゃった…

クビになっちゃった…
Photo:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] リンジー・ローハンが、久々に主役を射止めた新作「ジ・アザー・サイド(原題)」をクビになった。同作のメガホンをとるデビッド・マイケルズ監督が認めた。

米情報サイトTMZ.comによれば、マイケルズ監督率いるチームはローハンに見切りをつけ、近いうちに代役を発表するという。同作は、離島の科学研究所で夏季アルバイトをする女の子が、大昔に起こった悲劇にまつわる秘密を隠し持つ不思議なコミュニティを見つけるというストーリー。ローハン解雇の要因は、スポンサーらがローハン主演では集客できないと出資をためらったためと見られている。

同作には、ウッディ・ハレルソンジョバンニ・リビシデイブ・マシューズアラニス・モリセットが出演する。当初、主演に決定していたブリタニー・マーフィさんが09年末に急死したため、ケイティ・ホームズに打診されたがスケジュールの都合で降板。その後に主役の座を手に入れたローハンが、女優としての再起をかけるはずだった。

ローハンは4月22日、絶縁状態の父マイケルがロサンゼルス郡保安局予備保安官を連れて彼女の自宅を訪れたことから口論となった。娘が飲酒・ドラッグ中毒であると主張する父と、否定するローハン、相変わらず親子の泥仕合が続いている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi