猪木、闘魂カウントダウン「3、2、1、アバター!」DVD&ブルーレイ発売 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月23日 > 猪木、闘魂カウントダウン「3、2、1、アバター!」DVD&ブルーレイ発売
メニュー

猪木、闘魂カウントダウン「3、2、1、アバター!」DVD&ブルーレイ発売

2010年4月23日 01:29

元気があればアバターも見れる!「アバター(2009)」

元気があればアバターも見れる!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界興行収入約2600億円を記録した米映画「アバター」のDVD&ブルーレイが4月23日、東京・SHIBUYA TSUTAYAでアメリカに先駆けて発売開始。日本での予約本数はすでに100万枚に迫る勢いで、元プロレスラーのアントニオ猪木も祝福に駆けつけた。

猪木は、昨年10月に腰椎すべり症の治療で入院し手術を受けたが、この日は元気はつらつ。同作を意識したのか、髪の一部をスカイブルー色にメッシュを入れ、マフラーも同系色と「アバター」一色。そして、開口一番「元気ですか! 元気があればアバターも見れる!」と決めゼリフで盛り上げた。そして、同作の興収を聞き「オレのポケットマネーよりちょっと多いくらいかな」と笑い飛ばすなどご機嫌だ。


青いタオルもプレゼント「アバター(2009)」

青いタオルもプレゼント
[拡大画像]

さらに、同作で描かれる恋愛模様に触れ「オレの相手役はかわいい方がいいな。えくぼのある人とか」と“アバタもえくぼ”に絡めたジョークを展開すると、場内は大盛り上がり。それでも、前夜にひと足早くブルーレイで観賞したといい「本当は映画館で見たかった。新しい形のものでビックリしました」と太鼓判を押していた。

発売開始となる午前0時が近づくと、カウントダウンを開始。「3、2、1、アバター!」と絶叫すると、ファンの間から割れんばかりの拍手が沸き起こった。また、場内に詰め掛けたファンの中から抽選で選ばれた男性に闘魂ビンタをお見舞いし、ジェームズ・キャメロン監督のサイン入りポスターや、自ら「闘魂」と書き込んだ「アバター」Tシャツをプレゼントしていた。

キャメロン監督が12年ぶりに手がけた3D超大作「アバター」は、22世紀、地球から遠く離れた衛星パンドラが舞台。星の先住民族ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体“アバター”を得た元海兵隊員の青年が、ナヴィ族の娘と運命的な恋に落ち、命運をかけた戦いに身を投じていく姿を描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi