遠藤憲一、人生初の公開ナレーション収録に「リラックスできる」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月21日 > 遠藤憲一、人生初の公開ナレーション収録に「リラックスできる」
メニュー

遠藤憲一、人生初の公開ナレーション収録に「リラックスできる」

2010年4月21日 16:07

ナレーションの達人が初の公開収録「パリより愛をこめて」

ナレーションの達人が初の公開収録
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の遠藤憲一が、ジョン・トラボルタ主演最新作「パリより愛をこめて」の予告編ナレーションとテレビスポットナレーションを務めることになり4月21日、都内のスタジオで公開収録を行った。

同作は、「TAXI」「トランスポーター」「96時間」で知られるリュック・ベッソン(原案)とピエール・モレル(監督)が再タッグを組んだ新作アクション。トラボルタ演じるCIAの異端児諜報部員ワックスとジョナサン・リース=マイヤーズ扮するCIA見習い捜査官リースとのコンビが、来仏するアメリカの要人暗殺計画を阻止するためにパリの街を駆け巡る姿を描く。

多ジャンルで活躍する遠藤は、「マトリックス」3部作や「20世紀少年」3部作をはじめとする映画やTV番組の予告ナレーション本数211本以上という実績を誇る。だが、公開ナレーション収録は経験がないそうで「ナレーションの収録は孤独な作業なので、こうして報道陣に囲まれている方がリラックスできますね」と笑顔をのぞかせた。

この日は、ドラマタイプ編とアクションタイプ編の2パターンを収録。「もう少しセクシーに」「重厚感を加えて」「CIA捜査官の心情を汲み取って」など短時間に次々とリクエストがあり、「15秒間のなかでいかに感情を入れ込み、尺に合わせるかが大切」とナレーションの難しさを語った。

また、先入観を持ちたくないという理由で収録前に本編を見ないそうだが、「アメリカの俳優たちがパリを舞台に演じている。監督はヨーロッパの方なので、アメリカとヨーロッパのミックスされた空気感がどんなふうに仕上がっているのか楽しみ」と期待を寄せた。さらに、同じ俳優として「トラボルタの(スキンヘッドの)風ぼうとキレた演技が気になりますね」とPRに努めた。

21日午後4時からは、ワーナー・ブラザース映画公式携帯サイトで、遠藤の“男気着ボイス”が無料でダウンロードできる。

パリより愛をこめて」はワーナー・ブラザース配給で、5月15日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi