松たか子&中島哲也監督、2010年本屋大賞を「ヘヴン」と予想 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月20日 > 松たか子&中島哲也監督、2010年本屋大賞を「ヘヴン」と予想
メニュー

松たか子&中島哲也監督、2010年本屋大賞を「ヘヴン」と予想

2010年4月20日 15:01

書店員に囲まれて「告白」

書店員に囲まれて
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 湊かなえのベストセラー小説を、松たか子主演で映画化する「告白」の特別試写会が4月20日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、松と湊、中島哲也監督が上映後にトークショーに出席した。

告白」は、生徒に娘を殺された主人公の女教師の告白からはじまり、殺人事件の関係者の独白形式で構成される“報復”絶倒のエンタテインメント作。この日、2010年の本屋大賞が発表されることをうけ、09年に同賞に輝いた同作の世界最速上映が選考書店員向けプレイベントとして実現した。

拍手喝さいで出迎えられた3人は、場内を見渡しながらホッとした面持ち。松は、オファーを受けたときのことを「中島監督からお手紙をもらって、『中学生たちをボコボコにしてやってくれ』と書いてありました。どこかしら感じることがあったので、すぐにお返事させていただいた」と述懐。そして、場内から「怖かった」という声に対して「真っ当な人間を演じるつもりだった。娘を失うって、自分の未来を失うということ。その点を考えに考えてやった結果が怖いと感じられたのかも」と語った。

中島監督は、書店で偶然目にした同作を読んで映画化を思い立ったといい「主人公の森口先生は残酷なことをしているけれど、どういう人間なのかもうちょっと知りたくなった。もっと深く付き合ってみたいと思わせてくれたことが映画化につながった」と説明。松については、「彼女のお芝居が好きだし、松さん以外にいないと思った。演出するのは初めてだったけれど、ちょっとヒントを言うと芝居がガラッと変わる。結構楽に演じていたんじゃないかな。まだまだできる!」と絶賛した。

また、松と中島監督は、今年の本屋大賞を予想。今年のノミネートは、村上春樹の「1Q84」や東野圭吾の「新参者」など10作がノミネートされているが、2人は川上未映子の「ヘヴン」を迷わず選んだ。理由については、「昨年お会いしてキレイな方だったので」(松)、「『ヘヴン』の『ヴ』が一筋縄ではいかない感じ」(中島監督)と根拠がまるでなく、場内の笑いを誘っていた。

告白」は東宝配給で、6月5日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi