「007」シリーズ第23作の撮影が無期限延期へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月20日 > 「007」シリーズ第23作の撮影が無期限延期へ
メニュー

「007」シリーズ第23作の撮影が無期限延期へ

2010年4月20日 12:51

ボンドの行く末に暗雲「クィーン」

ボンドの行く末に暗雲
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「007」シリーズの製作を手がけるイオン・プロダクションのマイケル・G・ウィルソンバーバラ・ブロッコリは4月19日、シリーズ最新第23作、通称「ボンド23」の撮影を無期限で延期することを発表した。

原因は、同シリーズの権利を保有する米スタジオMGMが、約37億ドルの負債を抱え競売にかけられているため。ウィルソンとブロッコリは声明のなかで、「MGMの売却先が決まらず、その先行きが不透明であることから、『ボンド23』の製作を無期限で保留する。現在のところ、再開および公開時期のめどは立っていない」と説明した。

ダニエル・クレイグが三たびジェームズ・ボンドに扮する「ボンド23」は、2011~12年にかけての公開に向けて、今年後半には撮影に入るのではないかと言われていた。すでに「クィーン」「フロスト×ニクソン」の脚本家ピーター・モーガンと、シリーズ常連のニール・パービスロバート・ウェイドが脚本に着手しており、サム・メンデス監督がメガホンをとる予定だった。

ただし、MGMがどこに売却されても、「007」という世界的なドル箱シリーズが消滅することはないというのが大方の見方だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi